新着Pick
207Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
創業期は色々と本当に色々とあり過ぎました。最も衝突が多かった1年でありますし、それゆえにユーザベースの価値観の生まれた年だったと思います。

中でも技術チームとしては竹内との出会いは本当に強烈で、前職もエンジニアだった僕も中々価値観が折り合わず、衝突する日々を送りました。ただ、エンジニアが活き活きと働ける会社をつくること、技術がビジネスの創造を超えること、この2つを実現できる強いエンジニア集団つくりたいという思いは僕も竹内も同じであったため、衝突しつつも一緒にやってくることができました。

竹内は今でも元気に一番自由です。今は役員という形で僕と一緒に技術チームの経営をしていますが、彼の作ったプログラムを見た力のあるエンジニアが「どうやって動いているのか知りたいからユーザベースに入りたい」と言って来てくれたりして、彼と一緒に経営をできているからこそ当時描いた理想のチームにどんどん近づきつつあり、異能は才能という言葉の重要性を感じています。

最後にここに至るまでには竹内以外にも、創業期から夜を徹して一緒に頑張ってくれたエンジニアたちがおり、みんなの頑張りで今のSPEEDA・NewsPicksのシステムを作り上げることができました。今のチームを組めていることに感謝しつつ、これからもユーザーの皆様の期待の応えられるように強い技術チームを作っていきます。
僕が入社したのは2014年の終わりですので、知らないことも多く、創業期の話をいろいろと聞いて回りました(なかには都市伝説のようなトピックにも出会ったのですが、それは省きました)。

終盤でお伝えしている「7つのルール」。このおかげで自分のスタイルで働けていると日々実感していています。入社時には完成されていてラッキー。それもこれも竹内さんをはじめ、当時からいるメンバーのおかげです。
燃え尽きてないつもりでも燃え尽きているということは多々あります。創業物語は今回限りで。
そういえば入社の面接のときに話すのをすっかり忘れていたけど、竹内さんのことをネットの記事で読んだのは動機の1つ。これは面白そうだし、どこでも仕事してきちんと結果にコミットすればOKという社風はよさそうだな、と。

入社する数ヶ月前まではユーザーベースの存在すら知らず、数ヶ月前(面接も遙か前)にNPをちょこちょこ使い始め、「なんだこの会社は」とネット上の記事をあさり始めたのが関心をもったきっかけ。
壮絶なドラマがあっての、今があるということですね!
面白い! ウケトルは、NewsPicks同様、ドンドン走ります! #ウケトル
竹内さんのところで、爆笑。^_^;
最高!

最高の仲間と会社を創って、世のため人のためになると信じるサービスを提供するなんて、最高の生き様!
あにゃまるに作らせれば良かったのに。(笑)
株式会社ユーザベースは、「経済情報で、世界をかえる」をミッションに掲げる日本のスタートアップ。ソーシャル経済メディア「NewsPicks」及び企業・産業分析を行う人向けの情報プラットフォーム「SPEEDA」などを提供している。 ウィキペディア