新着Pick
133Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
NPでは、まだ話題になっていない?
かなり正しいらしい。
トヨタケーレツ崩壊?FCVでも?だった。
日産は先行して、ADAS+EV時代に備える。
<追記>
元役員の国重氏による住友銀行秘史と比較。住銀は国重氏と日経記者で、作者は国重氏。あと財務省や日銀。トヨトミも、同じ構造ではないか?こっちは、どこかの記者。おそらくケーレツ内、その他にもいる。記者とは何か。実は登場していない主役もいる?
また、ディスクロージャー規制などとも併せて考えると、面白い。
わたしも読み始めたところです。ストーリーの展開が早くて面白い。

【追記】読了しました!。巨大企業のビジネスと企業統治と権力闘争と企業文化とが渾然一体となった混合物の魔宮の中心には常に創業家がいる。いや。トヨタじゃなくてトヨトミのことですからね!
追記: 読み終えました。8章までの出来の良さと、それ以降半分の雑なコントラストが酷く、正直、後半はうんざり、良質な本には感じられなかった。出版社の売らんがという姿勢と記者達の日頃の鬱憤ばらしが表にですぎている。脚色が過ぎるので、多くを事実と勘違いされるのは、某社と関連づけられる人達も迷惑ではないか。娯楽として読む小説としてなら良いのだが、学ぶものは少ないし、相当事実をゆがめられていると個人的に感じた。冒頭の美人局のエピソードに度肝を抜いたが、冷静に考えれば、とても事実に基づくとは思われない。最後のZEVがらみの話も滑稽なほど漫画化されており、如何なものか。この本を持ってして、クルマの未来を語るのは避けるべきだろう。

某新聞記者から、この本のことを伝えられ、現在も読書中。覆面著者による事実に基づいた小説仕立てで、核心に迫るエピソードは確かに多く楽しく読める。トヨタの報道は山のようにあるが真実は無い、「トヨトミの野望」には真実があるが報道できない。
現在読んでる途中。これは奥田氏、これは渡辺氏とかなりあからさまに分かる。どのエピソードが本当で、どれがフィクションだろうと考えながら読むのは、なかなか面白い。
待ちに待った
https://newspicks.com/news/1910887

中西 孝樹PRO 降臨ヽ(*´▽)ノ♪
やっぱり、無料では無理ですよね。。
-------
若林 秀樹PRO

初めて知りました(^^)
面白そうな本なので、是非 目を通してみます。
pickありがとうございます!
kindle版購入しました(2)。

マスコミが広告費欲しさに突っ込めないところを、実名を明かさない筆者が問題定義するという、周辺構図も興味深いですね。
小説はあくまでもフィクション。どんなに現実に似ているとしても、真実性の保証はない。作者もその責任を負わない。架空の物語で企業の内幕が暴けるなんておこがましい。
日本書紀の記述を歴史的事実と信じる人達のようにはならないように。
【読書】自動車業界にいる人は必読なのかも…。フィクションを通して擬似内部告発をするというのも今後使われうる手法だと思うんだよな。
クルマ業界では結構盛り上がってます。ある先生は「かなり当たっている」と仰っていました。
はっきり言うとヤバイです。

かつて「3億円の落とし主」という小説があって、これもあの自動車メーカーの内幕を扱っていました。

フィクションとして「表に出ていない有りそうな話」で面白いかった。

この「トヨトミの野望」はこの記事を読んでいる限り「表に出ている話」を繋ぎ合わせてチョット味付けしたようですね。
でも、新聞広告を見た瞬間に買ってしまいました。(コレは誰..と想像して読むのは全くゲスの勘繰り。正直ワクワクする自分が情け無い)

一言でいうと、
「ここ4半世紀の企業環境の中で、全ての個性ある配役が絶妙のタイミングでその役割を演じ、結果的にトヨトミはラッキーな方向で(今のところ)企業として生き残っている。配役はしっかりしていたのにラッキーでなかったN社...」
といったところでしょうか。
新着記事一覧
G20、声明採択し閉幕へ 新型肺炎、各国連携で一致
共同通信
2Picks

米、韓国も渡航警戒を日本と同じレベル2に
共同通信
4Picks

サッカー界に衝撃、英国老舗クラブの罪に厳しい処罰 マンチェスター・シティが違反した「ファイナンシャル・フェアプレー」とは
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
2Picks

新型コロナウイルスは生物兵器になり得るのか? 致死率が低くても敵の戦力を低下させることは可能
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
2Picks

懲戒解雇と諭旨解雇、同じ「クビ」でもこんなに違う 誰にもある懲戒解雇のリスク、もし我が身に降りかかったら
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
2Picks

稲垣は笑う? 元日本代表が語る「ラグビーW杯メンバー」のマル秘話
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
1Pick

新型コロナ、医師の警告を活かせなかった「中国国家体制」の重大欠陥
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
3Picks

辞書編集者が語る「辞書に載らない裏の言葉」発見の喜び
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
1Pick

「育休は休みじゃない」小泉発言が示した、日本政治のいびつな構造
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
2Picks

『麒麟がくる』が、ここまで「歴史好き」に愛されているワケ
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
1Pick