新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

164Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
「グリーやミクシィ、DeNA、サイバーエージェント、楽天って、だいたい同じようなステージの会社と思われる」とありますが、創業時期やビジネスモデルが異なっても、広く「IT系新興企業」とひとくくりにされてしまうことが少なくありません。世間一般の認知からすれば無理からぬ面もあるのでしょうが、経済誌の記者や、ともすればアナリストの方にまで単純に横比較されると、基本から説明するのが少々億劫に感じてしまうことはあります。

事業範囲については例えばGoogleの場合、広告という必勝パターンを中核に事業を広げている一方で、適度に「飛び地」も織り込んでいるのがミソなのだと思います。少なくともユーザーとの接点においては、常に新たな手を打たねばなりませんが、これをやりきるのが、言うは易く、行うは難きところ。
関連して、C向けのインターネットサービスでシリコンバレーの企業と戦うのは、敢えて不穏当な表現をすれば、調達できる資金や開発リソース、マーケット規模といった物量の点で太平洋戦争に近い構図です。真っ向から戦いたいところですが、弱者は弱者なりの戦略を採らねばならないのでしょう。
こうした事業遂行上の要請も踏まえて、予めどのようなミッションを唱え、どのような社風を築いていくかは、後々に影響してくるように思います。
『事業モデルより参入する事業領域が成長するかが重要』という点、特に楽天・三木谷さんの考え方は興味深い。ただ個人的には、成長する事業領域の競争は激しいとも思う。なので、みんなが成長しないと思う(グリーでいえばモバイル転換はそうだった)か、成長する事業領域で他社ができないことができるか(≒事業モデル、というか競争力・参入障壁の構築)というのは、やはり重要だと思う。特にスタートアップであれば、後者についてはないので、一層事業領域が成長するかが重要(そしてそこを小ささゆえの俊敏さで走ることで、生存し知見をためて、競争力に転換する)。でも一定の規模ならば、そこでスタートアップと比較してそこで劣らざるを得ないからこそ、事業モデルの重要性は一層高まると思う。
なお、創業期については言われてみれば確かに、と思う。そしてそこから先行する企業を携帯・ゲームシフトによって捲って成長したのは本当にすごいと思う。だからこそ、ミッションの「インターネットを通じて、世界をより良くする。」という観点で、日本だけでなく世界の企業に対して、小リソースでどうやって近づいていくか、再度の捲りを見せてほしいと期待している。
「インターネットを通じて、世界をより良くする。」
広い事業ミッションはとても勇気がいります。普通ベンチャーはフォーカスしなければならないからです。広すぎるミッションを掲げる方がぶれやすい。
良くも悪くもこの柔軟性がSNSからゲームへの参入を可能にしたけど、ゲーム専業の会社とは戦えているとは言えません。全ては結果論なのですが、難しい道を選んでいる印象があります。
三木谷さんの言葉で個人的には一番印象に残ったかもしれない「新しいメディアが生まれると、それに通販が生まれることは、伝統的なことなんだ」この言葉があまり引用されないことに驚き、(私が知らないだけかもしれませんが)とても価値のある言葉なのに活用されていない勿体無さを感じます。
成長市場に参入するべき、か。

マイナースポーツ自体は成長市場でないから、携わる人はどこかの成長市場向けの事業も取り込んでやっていかないといけない。
ビジネスモデルではなくて、領域でほぼ決まる。昨日たまたま改めて考えてたことだったのでピック。
この連載について
ミクシィ前社長・朝倉祐介が、起業論からリーダーシップ、組織論などについて、独自の視点で縦横無尽に語りつくす。
グリー株式会社(英語: GREE, Inc.)は、日本の大手インターネット企業の一つである。ソーシャル・ネットワーキング・サービス (SNS) の「GREE」を運営し、事業の中核としている。 ウィキペディア
時価総額
2,114 億円

業績