新着Pick
194Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
なるほど。限界に見えて、まだまだやれる余地はあるのですね。
人気 Picker
陳列によって「売上が大幅に伸びる」というのは大いにアリでしょう。

個人的には、コンビニおでんを買いやすくして欲しいです。
あれこれ選んで注文していると、後ろに並んでいるお客さんがとても気になります。

私案として、「おでんカード」(それぞれのネタのカード)を渡せば、後はレジ担当以外の人が入れてくれると助かります。
レジ前でじっと待っているのは…気の弱い私としてはプレッシャーです^_^;
こういう経済誌はあえて書きませんが、コンビニの平均的な売場面積はこの10年くらいで10〜15%広くなってるうえに、中島ゴンドラは最下段が一列増えて、最上段も一列積みまして高くするなど、1店舗当たりの棚の数が大幅に増えてます。
このため、従来は取り扱うことができなかった(取り扱い点数が少なかった)商品カテゴリーの品揃えが充実してます。
具体的には、酒類(ワインや日本酒)、洋和風デザート、チルド惣菜、冷凍食品、日用品(洗剤等)、化粧品/トイレタリー(記事中のストッキング等)、生鮮野菜等がそれに該当します。
「売場改革」とか「コンビニは科学」と礼賛するのは若干やりすぎ感が否めません。
コンビニの売れ筋が変わって来ているというのは以前も他の記事で読んだ記憶がある。ストッキングや下着などはその代表例。次のコンビニでの売れ筋がこういう実験から生まれているというのはとてもいい循環だと思う。
着替えられるの強い!
あまり面白いエピソードのない抽象的な記事。。
そういえば、芥川賞のコンビニ人間は面白かったし、より良いコンビニのためのエピソードがもっと出てました。
想像力と実行力さえあれば、直ぐに、結果がでるので、売り場づくりは楽しいですよね。

昔、サントリーの時に、その日の気分や合わせたい料理に合わせて、ビールやワインの棚割を変更したのを思い出しました。

このようなリアルな経験が今の礎になってます。
株式会社セブン&アイ・ホールディングス(英語: Seven & i Holdings Co., Ltd.、通称表記:セブン&アイHLDGS.)は、セブン-イレブン・ジャパン、イトーヨーカ堂、そごう・西武などを傘下に持つ日本の大手流通持株会社である。日経225及びTOPIX Core30構成銘柄である。 ウィキペディア
時価総額
3.67 兆円

業績