新着Pick
289Picks
シェアする
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
安らぎだろうと成長だろうと、自分の中にある良いバランスを保てれば良いかと思います。
人気 Picker
人生論としては理解出来るし、現代社会に生きる女性にとってもっとも大きな選択の一つだと思う。

一方で、自分の人生を自分で決めるべきと思い始めた瞬間から、人間の苦悩が始まるとも言える。自由意思による人生選択は、誰かに隷属することなく生きるために最も重要なことではあるが、果たしてすべての他者にオススメしたり求めたりするべきかと考えると、迷うものがあります。
「成長と心の安らぎは同時には得られないということです」。
これは女性が求めがちな「全部取り」、つまり仕事も家庭も趣味も、というような価値観に厳しく鞭を打つものでもある。
「現実はそんなに甘くはないよ」、と。

ただ、それはロメッティ会長のようにトップを目指すに必要な「成長」ということかもしれない。

そういう意味において、この言葉は女性たちへのエールにもなる一方、二択を迫られる踏み絵にもなりそうだ。
女性だけだない男性もだ。ただ女性のほうがハンディが多いようだ。
『全ての女性へ』と言うのは適切ではないかもしれませんね。
安らぎを本願としている人間には、運命もそうそう牙を剥きませんし、自己を決定づけるほどの気概も不要でしょう。
大切なのは、運命に抗う必要が発生した時に、これらの言葉を思い返すことかと。
「成長と心の安らぎは同時には得られないということです。」成長は常に緊張感と共にある。しかし、それを楽しむ事はできる。
米IBM、米HPなど、女性の活躍が目立ちますし、発する言葉も力強い。
選べる人生の方が良いですね。ただ歴史的に見ると、多くの人間が選択できるようになったのは、ごく最近の事なので、自分で決められる人の絶対数が増えると社会の仕組み自体も大きく変化しそうです。
成長には 成長の、安らぎを選択してもやすらぎの苦悩が始まります。どちらの苦悩が自分にとってより耐えられるものであるか?選択した後に後悔しないでいられるか?そしてこの苦悩は男女共通。
「成長と心の安らぎは同時に得られない」👏 新しいことを考えてると、余裕もないし、不安だから機嫌が悪かったりする🙌
チャレンジ無しに成長無しは同意できるけど、もし成長と心の安らぎが二者択一だとすると、人生は佗しいなぁ、
IBM(アイビーエム、正式社名: International Business Machines Corporation)は、民間法人や公的機関を対象とするコンピュータ関連製品およびサービスを提供する企業である。本社はアメリカ合衆国ニューヨーク州アーモンクに所在する。世界170カ国以上で事業を展開している。 ウィキペディア
時価総額
13.3 兆円

業績