新着Pick
285Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
グリーの田中社長にお話を伺いました。あまりメディアに頻繁にはお出にはなりませんし、私自身もご本人から生い立ちや起業に至った経緯を直接お聞きしたことが今までなかったので、なかなか貴重なインタビュー記事ではないかと思います。
「起業しよう」という意識ありきというよりも、「こういうものが、世の中にあったらいいな」という純粋な気持ちからグリーが生まれたというのは、素敵なエピソードですね。「起業したい」と思ってらっしゃる方にとっても、いきなり徒手空拳で事業を始めたのではなく、仕事のかたわらに趣味で作ったサービスが、結果的に大きく花開いていったという経緯は、事業の始め方としてとても参考になる話ではないでしょうか。
田中さんは77年生まれですが、その近辺のいわゆる76世代とその上の世代は、インターネットそのものがお好きという方々が多いのが印象的です。私の世代だと、ビットバレー華やかなりし頃からは少々遅れた感があります。私の場合は小学生の頃にNECのPC-9801で遊んだ光栄の「信長の野望」がパソコンの原体験であり、小学生当時にはパソコン通信、中学生の頃にはダイヤルアップ接続でのインターネット利用が既に可能でしたが、大学生の頃にインターネットが出てきたというのはかなりの衝撃だったのでしょうね。ネットが普及し始めた頃の衝撃や熱狂と、その後のネット黎明期からの経緯を体験なさっているが故の引き出しの多さは、非常に羨ましく感じます。

注目を集める会社だと、ある事ない事を何かと面白おかしく流布されることが少なくありません。渦中の真っただ中ではなかなか話し辛かったであろう任天堂さんの件を、改めて整理できたのは良い機会だったのではないかと思います。NewsPicks編集菅原さんのファインプレーな質問でした。
田中さんは心から「インターネット」が好きなんだな、という事が伝わってくるインタビュー。大学生の頃に「インターネット」と検索して、上からヒットした企業や人に会いに行っていたエピソードとか最高ですね。ただ、そうやってインターネットを好きな人が集まり、渋谷ビットバレーが生まれ、今に続く日本のエコシステムが周り出したという事を考えると、好きな事に純粋になる力は強いなと改めて痛感します。
eHammerとかよく覚えてたな笑。いーマーキュリーとオン・ザ・エッヂの共同事業でした。
今でも覚えています。グリーとミクシィがSNSを始めたあと怪しがられながらもミクシィだけが使われるようになった時のことを。
その後グリーはガラケーの釣りゲームなどでブレイクして行く事になりますけど、そこにもまたDeNAがいました。ガラケーのゲームが一斉にスマホにシフトしていくとまたもや出遅れます。
栄枯盛衰は世の常といえばそれまでですが、恐るべきインターネット時代ですね。また必ず復活してくれることを祈っています
SNSだった頃のグリーはかなり使っていました。同じ大学だった今の奥さんとも卒業から三年くらい会ってませんでしたが、再会したきっかけはグリーだったなぁ、、、とふと思い出した。
『僕としても、世の中の評価をみて事業をするのではなく、お客さまと製品に集中して頑張らなければと思っています。』(記事抜粋)

これは本当にその通り。よくメディアや登壇イベントなどで実力とはかけ離れた、大層もったいないご紹介をしていただくことがあります。お世辞も含めて。そんな時に、当たり前ですが、本当に一切心の中で何の喜びも感じずに、真逆ですごく悔しいなと思います。早くここに集まっている方々の全員に使ってもらえるようなサービスにならないとなと。だから世の中の評価は、使って下さるお客様の「ありがとう」の総和以外にはないと思っています。勝手ながら田中さんのピュアな思いはすごく素敵だと思いました。朝倉先生、いいね!
グリーもミクシーもSNSじゃなくて今はゲームメーカーになっちゃってますね。
SNSというかコミュニティが「儲からない」という世界観があり、だから会社(楽天)のお金ではなく自分でやり、サービスを継続するために会社を辞めたという選択肢は興味深い。もしかしたら今後出てくるのかもしれないが、そこから携帯ゲームシフトをして、儲けとしてはそのあとグリーのほうが圧倒的になったというのも、そこらへんが背景だろうか?
あと、So-netというのも本当に興味深い。田中氏は「水が合わなかった」と早期に楽天に移られているものの、DeNAに出資したのもSo-netで、それ以外にもM3もそう。
――ちょうど、任天堂のお話が出ましたので、田中さんが任天堂についてどう思われているか、ぜひ伺えればと思います。
グリー社員が「任天堂の倒し方、知らないでしょ? オレらはもう知ってますよ」と話したとされる記事が広がったこともあり、グリーはネット上を中心に、ネガティブに捉えられていることも多いと思います。

いい質問だ。これに対する田中さんの答えもいい。
任天堂に関する質問は、編集者・菅原氏のファインプレー。彼のコメントにもあるように、元グリー社員でありながら(だからこそ?)、グリー社長に直球を投げ込んでくれました。全体として、面白いインタビュー記事です。
この連載について
ミクシィ前社長・朝倉祐介が、起業論からリーダーシップ、組織論などについて、独自の視点で縦横無尽に語りつくす。
任天堂株式会社(にんてんどう、英語: Nintendo Co., Ltd.)は、主に玩具やコンピュータゲームの開発・製造・販売を行う日本の企業。 ウィキペディア
時価総額
6.10 兆円

業績

グリー株式会社(英語: GREE, Inc.)は、日本のインターネット企業である。ソーシャル・ネットワーキング・サービス (SNS) の「GREE」を運営し、事業の中核としている。 ウィキペディア
時価総額
1,786 億円

業績