【朝倉祐介×田中良和】グリー起業の理由、任天堂に対する思い

2016/10/25
朝倉祐介氏の連載『論語と算盤と私』が書籍化されたことを受けて、グリー代表・田中良和氏との特別対談をお届けする。
かつては、SNSやゲーム事業において競合の関係にもあった両氏。今回、朝倉氏がメディア上での発言が珍しくなった田中氏に対して、改めて起業の経緯や経営者としての思い、今後の事業における戦略などについて聞いた。
本日から、3日連続全3回でお届けする。
みんなmixiとGREEを使っていた
――はじめに、お二人の関係から伺えればと思います。
田中 面識は当然あって、イベントなどで何度かご一緒することがあります。直接お会いすることは少ないのですが、最近サンフランシスコで食事をしましたよね。
朝倉 そうですね。僕とグリーとの関係で言うと、ネイキッドテクノロジーという会社を始めたのが2006年なのですが、その頃にソーシャルグラフを活用したマーケティングエンジンやコマースの研究をしていたんです。
そこで、「うちで開発しているマーケティングエンジンを試してください」と、グリーに伺っていたことがあります。
田中 えっ、そうなんですか。
朝倉 残念ながら導入には至らなかったんですけれども。
もちろん、当時はみんながそうだったように、個人的にもユーザーとして、ミクシィとGREEを両方使っていました。
田中 その状況を知っている人たちも、もはや少ないんじゃないかな。テレビが白黒だった頃の話をしているような(笑)。
田中良和(たなか・よしかず)
1977年生まれ、東京都出身。日本大学法学部政治経済学科卒業後、ソニー・コミュニケーション・ネットワーク(当時)に入社。2000年からは楽天でオークションサイト、ブログサービスなどの企画、開発運営に携わる。2004年2月、「GREE」のサービスを開始。同年12月、楽天を退社し、グリー株式会社を設立。代表取締役社長に就任した