新着Pick
272Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
この対談のお話をいただいた時は、不勉強にも横山さんのことはおろか、AKBのこともそこまで詳しくなく、慌てて関連書籍を買ったり、YouTubeを観たり・・。

前総監督のたかみなさんの「リーダー論」はもちろん読みましたが、横山さんの本はなかったので、代わり(?)に、「ゆいはんの夏休み」のDVDを買おうか迷いましたが。今回は時間もなかったので・・・見送りました(笑)。

今回触れている「プレイングマネージャーのアイデンティティ」は今日的なテーマだと思っていまして今後も考えていきたい課題です。
産業医の成り立ちも知る事が出来、興味深く拝読しました。「なぜ会社に産業医がいるか?」という話は入社した時にされませんでした。「心が疲れたら」のようなタイトルのついた小さなパンフレットが配布されて終わりです。

女性と男性で、人間関係への対峙の仕方に違いがあり、それを踏まえた上で産業医として往診するという必要性があるというのは、何となく実感として分かります。
社会における性と仕事の関係についての認識が変化しつつある中で、人間関係はもっと複雑になり、またストレスも多様になる気がします。
「仕事なんだから、四の五の言わずにやれよ」と部下に対して思う上司は多いと思います。

その背景には上司世代と部下世代の仕事に対する価値観の違いがある気がします。

高度経済成長の中で「お金やポスト」がワークモチベーションの源泉だったのが上司世代。

成熟経済の中で「仕事のやりがい」や「仲間とのつながり」を求め出した部下世代。

「仕事なんだから=お金をもらっているから、四の五の言わずにやれよ」は上司世代の固有の考え方だと捉えた方が良いと思います。

------------------------------------------------------

男性の中には「仕事なんだから、四の五の言わずにやれよ」「そんなことを話すのは、幼稚な行為だ」という意識がどこかにあるわけです。

本当は、リーダーが部下の精神的な問題に適切に介入しなきゃいけない。でも、それをすることがダサいという美学を持っている人がいまだに多い。
プレイングマネージャー問題の指摘が深すぎます。私自身も大室さんに相談すべきですね(笑)。
大変おもしろい内容でした。特に、女性よりも男性の方が部下の精神的な悩みに介入しないというお話に、妙な納得感があります。確かに、男性の上司と部下が精神的な悩みについて飲み屋で話しているイメージはあまりつかないですね。でも仮に上司が女性だったら、すごくすっとイメージできる気がします。

男女の性質的な差をお互い学ぶことも必要ですが、それでも当然違う存在なので、組織に属する人の多様性はやっぱり大切だと思いました。
対談冒頭で大室医師のマシンガントークの球速を見切った横山さんが、次第に球筋を読み、大室医師のトークボールを打ち返す巧打な感じがいいですねー。打たれ始めたら、投打を入れかる大室医師も面白い。以上、なんでも野球で例える中年がお届けしました。後半が楽しみです!
いつ連絡が入ってくるか、わからない環境は疲れやすい。女性をみると、管理職クラスが、ストレスを受けている傾向がある。男性の管理職の方と話すと、「仕事が多くて、部下がキツそうだ」と、物理的な問題しか見えていない傾向があるなど、頷くお話がいっぱい。盛り上がった対談でした。
日本が昔から兵隊は一流だが士官や将軍は三流、と言われてきたことと、このプレイングマネージャー話は関連しているのかもしれない。
そして例え話が最初はテレビやスポーツだったのに、最後は唐突にスナックやクラブになるところは流石です。
普段聞きなれない産業医がどういった職業なのか、大枠で理解できて面白い。その意味で、この対談では横山さんがある種のメディアになっている。何か難しい?聞きなれない?メッセージを伝える時に、こういう伝え方もあるのだなと勉強になりました m(__)m
コメントも含めて大室さんの冗談が面白すぎる笑。

今の社会人チームで監督とキャプテンを兼任している自分にとって凄く共感できる記事でした。プラス秋元康役もやってるけど・・・笑。
この連載について
AKB48の二代目総監督である横山由依が、NewsPicksのプロピッカー陣と対談。政治・経済からカルチャーにいたるまで、最前線で活躍するキーパーソンに迫ります。アイドルグループのリーダーとして、一人の女性としての視点に注目です。