【横山由依×大室正志】人間関係が、生産性を左右する

2016/10/23
AKB48グループの2代目総監督を務める 横山由依さんがNewsPicksのプロピッカーと対談する連載「教えて!プロピッカー」。政治・経済からカルチャーまで、第一線で活躍しているキーパーソンと対談し、基礎から学んでいく企画だ。
今回のゲストは産業医の大室正志さん。時代と産業構造によって変わってきた産業医の役割や、ビジネスパーソンが抱えるメンタルの課題などについてレクチャーする。
――大室先生は、産業医というお仕事をしています。横山さんは産業医って知っていますか。
横山 今回、初めて聞きました。
大室 企業に所属していない人は、なかなか知らないかもしれません。日本では、従業員が50人以上の工場や会社の事業所は、従業員の健康を守るために医師と契約しなくてはいけない法律があるんです。そこで働いているのが産業医です。
横山 法律で決まっているんですね。
大室 もともと日本は、工場労働者などに結核などの病気がすごく多かったんです。衛生環境が整備されていないので。作業所の事故も、今よりずっと多かった。
また高度成長期には、水俣病やイタイイタイ病などの病気が増加しました。そこで、このような働くことによって起こる健康被害を専門にする医師を作ろうということで、産業医が生まれました。
時代を経ると、環境基準などが厳しくなって、いわゆる公害は減っていきました。バブル期以降は産業医というと大企業の診療所にいる医師、つまり福利厚生のイメージだったんです。
ただ、2000年ぐらいから、メンタル不調の問題が顕在化してきました。また、バスの運転手が事故を起こした際などに、従業員に対する会社の健康管理が問題視されるようになりました。
会社にとって、健康問題を放置することはリスク。次第にそのような認識が広がっていきました。
はじめは、結核や公害を防ぐ物理的な衛生環境整備を担う役割から、だんだん心身の衛生環境整備の問題にも関わってきたのが、いまの産業医のあり方なんです。
横山 ジャンルとしては、外科や内科で分かれているんですか。
横山由依(よこやま・ゆい)
1992年12月生まれ。京都府木津川市出身。2009年9月、AKB48第9期研究生として加入。2010年10月に正規メンバーとなり、2015年12月、AKB48グループ2代目総監督に