新着Pick
350Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
国内でも市場規模として、テイクアウト約7兆円、デリバリー約1.2兆円とそれぞれ伸びています。外食の中食参入も活発。生活の多様化に如何に合わせて行くか?の大切さを感じます。
米国のベビーブーマー世代で都会生活を送る共働きの家には、1畳程度の広さのキッチンしかないと言われました。
電子レンジと冷蔵庫があるだけで、テイクアウトと外食の日々。

ゆえに夫婦共に料理ができないとのことでした。

ミレニアル世代は、彼ら彼女らの子供たち世代。
当然、料理は出来ません。

それはそれでいいんじゃないでしょうか?
仕事から帰って来て料理と片付けをやるのは大変です。
社会的分業ということで…(^o^)
米国のデリバリー率、高いですね。皆さんも実感されている通り、日本のデリバリー市場はまだまだ大きな余地がありますね。Uber Eatsは何度か試しましたが、とても大きな可能性を秘めていると感じました。ただ、まだお店の選択肢が少なかったりオペレーションが雑だったり、市場自体も黎明期なので、もっと新規参入者が増えてほしいなと感じますし、チャンスの大きい領域だと思います。
UBERがデリバリーに出ることは、隙間市場にはいるな。。と思っていたのですが、この市場は潜在的成長性があるのかもしれないと思っています。デリバリーしたくても人をやとえない、外食店も多いでしょうから。
そもそも外食・デリバリーを無駄遣いとカテゴライズするのが正しいか否かは、各々の感性によって違ってくる。

お金を高く払ってでも、時間の無駄使いを無くしているという人も多いでしょう。

もちろん何も考えず、結果赤字になっているという人は行動・考えを改めなければいけません。
消費が増えるのはいいことだし、一概に無駄遣いだとは思いませんが、これほど外食・デリバリー率が高いとは思わなかった。先日UberEATSを使ってみたが、待ち時間が少し長すぎるというのはあるけれど、それ以外はすごく便利。店側も使う側も慣れてくれば、日本でもデリバリー率が上がっていきそうな印象がありました。
UberEATSが凄い凄いともてはやされまくってますが、サービスに対する配達員の不満は日に日に大きくなっていってます。

まぁまだサービス開始から1ヶ月しか経ってないんで仕方ないですが、頻繁に起こるアプリのバク、注文者の入力不備によるトラブルなど、もうあげればキリが無いです。

そしてその不満がありながらも、配達員を繋いでた高給すら週ごとにガンガン減ってきてるんで、もしこの状態で新しいキャンペーンやサービスエリアを増やされたらたまったもんじゃないですね。

と、友人が言ってました。
アメリカの記事とはいえ違和感満載。そもそもアメリは外食規模が桁違いにでかいです。日本の約三倍の70兆円。そのなかでデリバリーだけを「無駄遣いだ」と批判するのも。しかもアマゾンなどで平気で宅配を利用しながら食事のデリバリーだけが無駄遣いだといわれるのは文化的なものなのか。よくわかりません。

日本について言えば「デリバリー=無駄遣い」という定義そのものがそもそも日本には当てはまらないと思いますよ。日本の出前文化の上にさらに最近流行りの「和民の宅食」やらセブンの宅配弁当の「セブンミール」があるのです。しかも日本の家庭も冷凍食品やらチルド品やら中食を多用してるんですからデリバリーだけを目の敵にするのは解せません。
ちょっと数字の解釈があやしい気が。ミレニアル世代が特に外食・テイクアウトの出費が多い・多くなっているとは言い切れない気がします。

ミレニアル世代とベビーブーマー世代の外食への出費の差は年間3万円、月あたりにすると2500円なのでそんなに違うと言えるかしら?と思います。世代や家族構成が違えばそれくらいの違いはあるのではないかと。過去と比較してこの世代間差が大きくなっているというのであれば、話はわかりますが。ミレニアル世代の2010年からの10%増というのも、他の世代と比べてほしいです。

ただ、世代関係なくレストランとテイクアウトの食費全体に占める割合が40年前の34%から50%まで来ているというのは驚きです。デリバリー市場に期待できるのはその通りですが、ミレニアル世代がどうこうというのは、この記事の情報からは特に何も言えないように思います。
中国ではもはや朝食までデリバリーになっている。人件費が安いのでコストが安いというのもあるが、テクノロジーによって本当の意味での食事を作る事の分業化が進んだという事。