新着Pick
122Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
奇しくも、カローラとプレイボーイ誌は共に50周年なんですねー(^o^)

プリウスが出るまでは、カローラはいい車でした。
コスパがよくて性能がいい…徳大寺さんも褒めていた車種です。

しかし、今の時代、車体の色合いが豊富なアクアなどの方がコスパもよくて人気が高くなっているでしょう。

逆の見方をすれば、カローラを乗り継いでいる人達が多いことに驚きます。
居酒屋が30代の客を大切にするように、男性は30代で馴染みになった車から浮気をしない傾向が強いのでしょうか?
海外では、特にアジアだとカローラはタクシーで使われています。
日本のカローラも11代目になってカッコよくなりましたがASEANで走っているカローラはもっとカッコいいです。
若者があこがれる車がカローラです。丈夫で壊れないというよりカッコいいそうです。

豊田章男社長になってトヨタが変わりましたね。
良い車を作る、魅力的な車が増えたような気がします。プリウスは微妙ですがカローラは良くなったと思っています。

実は私も日本ではカローラに乗っています。セカンドカーではなくたった一台のマイカーです。
今までポルシェに乗っていました。今年、ふと、なんでスポーツカーにのる必要があるのか考えてしまったのです。

何の意味も見いだせず、たどり着いたのがカローラでした。別に節約をしたかった訳ではありません。合理的に考えたわけではありません。
そうだ、、、カローラに乗ろう!と突然思ったのです。
なんでなんだろう、、、

カローラは豊田章男社長の魂が入っている気がします。
「カローラDNAを引き継いで」とは、価格でも乗り心地でも操作性でも、あらゆる面で「80点以上の合格点」を目指すという開発理念のことだと思いますが、それが半世紀も支持されているのはすごいです。

どんな分野の商品でも高級路線に走ったり、廉売路線に舵を切ったりして失敗することが多くあります。世代交代が大きな課題となっているというカローラが「次の50年」をどうしていくのか楽しみです。
若者に買って欲しいならデザインがダメ。プジョー 208、アウディA1などをもっと研究してもらいたい
もういらないでしょ。。
逆に海外で「カローラ」の名を受け継ぐ車種は2000ccと肥大化。
これは、かつてのコロナのポジション。
人々が求めるものは時代と共に変わっていく。
これからも「カローラ」的ポジションを担う車は生まれるでしょうが、いつまでも「カローラ」という名にこだわる必要はないように思います。
時代を追うに従って車自体の性能が上がってきていますから、現場の改善は常にありながらも、一定レベルでは生産コストも比例する。また最終的な車両価格には、車種のブランディングも考慮する必要があります。カローラがかつて「大衆車の代名詞」であったことは事実としてありますが、「一番売れる車」であるために求められることも年々変わるものであり、カローラ自体の根本的な位置付けを変える必要はないのではないかと、個人的には思います。
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
22.8 兆円

業績