肝心なのは「近くの保管場所」
欧州のクラウドコンピューティング市場の支配をめぐって戦う米IT大手は、欧州の人々からの信頼を築き上げるために多額の投資を行っている。
最大手のアマゾン・ウェブ・サービスは 9月末、フランスとイギリスにデータセンターをいくつも開設すると発表。すでにフィンランドやベルギーにデータセンターを置いているグーグルは、新たにオランダにも同様の施設を年内にオープンする。
 そして欧州のクラウドコンピューティング業界では2番手とも言われるマイクロソフトは10月3日、2005年以降の欧州のクラウド事業への投資額は計30億ドルで、過去12カ月だけで設備強化に投じた額は10億ドルに達したと明らかにした。