新着Pick

自民党、総裁任期を延長へ 「3期9年」案が軸

朝日新聞デジタル
自民党は19日、党・政治制度改革実行本部の役員会で、現行の「連続2期6年」の党総裁任期を延長することを決めた。「3期9年」案を軸に、無期限にする案も含めて最終判断を実行本部長の高村正彦副総裁に一任し…
173Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
議員内閣制度においては、過半数を持つ与党の代表が首相となる以上、自民党総裁が首相となります。総裁任期が何年であろうが、内閣支持率や政党支持率が低ければ、自民党内から新たな総裁候補が生まれる。そこには、総裁選挙もあり、政党としての機能が、働いている。逆に支持率が高いのに、わざわざ辞めるというのも不可思議なことです。僕は任期にはこだわらない。国民に支持される人が、総裁であれば良い。
#福田峰之でした
自民党という一政党の内部規則にしか過ぎない。党首じゃないと総理大臣にはなれないという法律もない。

喉元過ぎればとは良く言ったもんで、長期政権云々言う人もいるが、じゃ毎年総理大臣が代わってた方が良かったのかと問いたい。欧州が今後直面するであろう政治混乱を鑑みれば、日本の政権が安定していることを大変ありがたく思う。
次の総裁選挙には、必ず安倍総裁の対抗馬が出て政策論議をして欲しいですね。
安倍氏のための変更だが、今やる必要があるのだろうか。そもそも、「2期6年迄」と決めていたことの意味は何だったのか。正直なところ、納得感は無いが、強力な人事権を確保した安倍氏側に逆らえる者は少ないだろうから、通るのだろう。

もっとも、経済的・相場的には、アベノミクス的路線がしばらく続くことに対する安心感が少々ある。
任期延ばしたから、安倍政権が続くわけではありません。きちんと対抗馬を出して、総裁選すればいいだけのこと。
まあ別に党内の話だからいいんじゃないの。
意外に早く総裁任期延長が決まりそうだ。政治の不確定要因が減り、良いことだ。もしも3期9年となれば、2021年まで安倍総理が務める可能性が出てきた。ぜひ憲法改正、社会保障改革などの難しい問題にも取り組んでほしい。期待したい。
小泉純一郎は現職時の最後の頃、「首相なんて大変な仕事だぞ。やりたいという奴はわかっているのか」と語っていた。

実際、寝ていても3時間ごとに緊急事案とかで起こされる毎日らしい。そんな生活を9年続けたいというのだから、ある意味であっぱれだ。
自民党の党規ですから自民党で決めればよいと思うが、国がお金を出さないのであれば、オリンピックには一切、関与しないでほしい。むしろリオのアベ・マリオの演出費用も都が国に請求しても良いぐらいだ。
野党が弱いこともあり、2012年以後選挙で明確な実績を挙げている存在感が大きい。