新着Pick

あの熱気から1年半、「ブルーボトル」最新事情

東洋経済オンライン
「コーヒー界のアップル」との異名を持つ、米ブルーボトルコーヒー。豆から焙煎、コーヒーの淹れ方や店の…
523Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
かなり選択的に店を増やしてることが分かりますね。東京であと数店舗ということであまり拡大する意向もなそうでよいのではないでしょうか
ビジネスとして考えるなら、これでブランドを作り、セカンドブランドをいっぱい作るというのもあるんでしょうが、そういうことは望んでなそうなので、今の路線でいい気がします
ただ、それだと単なる小規模拘りコーヒー屋なので、「コーヒー界のアップル」とかいう呼び方はやめた方がいいですよね
「拘りスタイルをマスに広めた」というのがアップルの本質だと思うので
マクドナルド黎明期の藤田田さんなどに顕著な、日本人に気軽に食べれる「洋食」を普及させたいという「インフラとしての外食」の時代は終わり、今やワタミの渡辺美樹さんの「夢に日付けを」的な感性が飲食業では古いものになりつつあるのかもしれませんね。

ブルーボトルは「夢に日付けを入れない主義」とのことですが、飲食業の中でもコーヒーは嗜好品ですので、「味」と同じ位「気分」を大事にする分野。
ですので、こっちの方が「イマの気分」かもしれませんね。
落ち着けるサードプレイスが激減した日本では、まだまだ需要が見込めるのでしょうね。
コメダもよく流行っているようです。

昔はもっと数のあったルノアールもそれなりに存在感があります。

どっしりと落ち着ければ、多少お金が高くてもOKという機会は案外多いと思うのですが…。
わざわざ清澄白河まであるいは青山まであるいは六本木まであるいは新宿まで出掛けて何時間も並んで隣のお客と肘つき合わせてのくつろぎのサードプレイスとはまあ頑張って下さいとしか。サードプレイス難民がよほど東京には多いのでしょう。

わたしのサードプレイスは渋谷道玄坂のトップと銀座一丁目のルノアール。意外でした?自分のお店だといろいろと気になってしまって落ち着かないんですよね。オッペンハイマーさんと同じくルノアールでは「水だしアイスコーヒー」がおすすめ。スッキリした飲み口が好きです。
商品のクオリティは揃えて、お店作りは徹底的に土地に合わせているのですね。勉強になります。

ブルーボトルのお店に繰り返し行くことで得られる新しい体験を何と位置付けて戦略を立てているのか、あまりピンと来ていないのでとても気になります。こればかりは行かないとわからないので早く行かなければと思って1年半が経過しており反省です。。
行列してまで飲もうとは思わないけど、まあ俺みたいな奴はターゲットではないのでしょう
海外に展開する日本のクールジャパン「飲食店」にも大いに参考になります。ヴェニスビーチを皮切りに、抹茶カフェを展開し始めた友人にこの記事を伝えたら、さすが、ヒントがたくさんある、と喜んでいました。彼には一昨年、ロス近郊のブルーボトルを何軒か紹介してもらってました。
トップのフリーマン氏がここまで達観していると、むしろ困難も楽しんでそうな気がする。
まあ日本の喫茶店が好きだった人だし、スピードや規模を追い求めることはあまり興味がないのかもしれん。
サンフランシスコでも1番の行列は未だにブルーボトルで根強い人気を実感しました。品川駅にも出店されるんですね。楽しみです。
スターバックスをセカンドウェイブとした場合、ブルーボトルに代表されるサードウェイブをどう評価するか、その軸がまだはっきりしていない。巨大チェーンオペレーションのスターバックスに対抗する「量」を追求するのは戦略的にムダが多い。かといってコーヒーや食系のメニューという「質」を徹底追求すれば差別化が明瞭になるとも言い切れない。答えは、ネットワーク化(サードウェイブ同士)の実態と、サードプレイス化のレベルにあると思う。特にスターバックスでは困難な地域コミュニティに真に根ざしたサードプレイスになれるかどうかが、ブルーボトルの「質」の差別化のカギになると思う。もしサードウェイブはそういうものではないのだとすると、地域コミュニティと本気で共生し協働するフォースウェイブの登場を待つ必要があるのかもしれない。
アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ(Apple Computer, Inc.)から改称した。アメリカ合衆国の主要なIT企業である。 ウィキペディア
時価総額
126 兆円

業績