新着Pick
240Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
MBA卒業後、マッキンゼーからDeNA米国支社に半年間、レンタル移籍をさせて頂いた身としては、遂にかあ…とシンミリする反面、やっぱりなあ…という気もします。
改めて振り返ると、失敗の最大の要因は「じぶんたちのソフトやマネジメントに対する過信」だった気がします。
DeNAが買収したエヌジーモコも、グリーが買収したOpenFeintも、まだまだビジネスモデルも固まっていないベンチャー企業だった中、両社は
「じぶん達のソフトを持ち込んで、かつ、人材送ってちゃんとマネジメントすれば成長を加速できるはず」
と目論みました。
しかし日本のソフトは実は米国では利用価値が無く、又、米国のイケイケベンチャーをマネジメントできる人材もおらず、なかなか結果が出なかった印象です。
海外企業のマネジメントはホント難しく、買収するならソフトバンクさんのARM社みたいな、ビジネスモデルもマネジメントも強固な会社だと思います。
要は、じぶんたちが何かを持ち込んでバリューアップできる、ではなく
「既に戦略も組織も素晴らしいからそのままやって下さい。お任せしますので。資金でも資産でも人材でも支援が必要なら何でも言って下さい。あ、でも数字にはコミットして下さいね」
みたいなスタンスではないと、海外企業のM&Aは上手く行かないなあ、と。
本事例を通じても改めてそう感じますね。
時代の節目を感じます。
ゲーム展開に際して地域に向けたローカライズはある程度必要なのでしょうが、開発そのものを地産地消で推し進めるほどのメリットはないということでしょうか。ただでさえサンフランシスコだと開発コストも高くつきますし。
任天堂にしても元祖ポケモンをアメリカ展開した際は、キャラクターのデザインが可愛すぎると反対されたそうですが、結果としては大ヒットしてるわけですし。難しいもんです。
モバイルゲーム会社は欧米ではさっぱりですね。コンソールでは強いのですが。

これは日本のコンソールが優れていてモバイルが劣っている、ということではなく、単純に競争環境が変わったことが大きいと思います。

コンソールもメタルギア、ストリートファイター、ポケモン始め各種任天堂作品などなど、世界的にヒットしているのは2000年以前にリリースされた作品のシリーズ物が中心です。

つまり、クールジャパンといいながらも、こと特に米国では過去の遺産で食っているだけで新しいものはほとんど出ていないのが現実かと。
米国でのビジネスの難しさの一つの象徴。日本での成功をそのまま米国にスライドする難しさと買収による拡張の難しさ。DeNAには違う形で海外展開を期待したい。
DeNAもGREEもこぞってガンガン欧米に進出していったのが5年前。GREEは早くに撤退を決めたがついにDeNAも夢破れる。FPS大好きなアメリカと日本とでは嗜好性が違いすぎてローカライズが難しい。「神撃のバハムート」が良いところまで行ってたけど、長くは続かなかった。

次に挑むは日本版ユニコーンの筆頭格、メルカリ。どこまで行けるのか、非常にワクワクします。
国・地域ごとでゲームの嗜好性が異なるため、ローカライズが必要と考えられていました。ただ、ARやVR、MRなどが議論されるにつれ、また世界的に人気のあるIPがそれらに利用されることで、ゲームそのものへの視点が変わりつつあると感じます。
ビジネスの失敗というよりは、ローカライズによる生産体制を現地で持たなくてもいいと判断したのかと。車産業なんかは現地での生産体制を確立してますが、インターネットのサービスだから物理的な輸出入の必要はないので、そこは効率化できるとの判断かと。一方、国産のインターネット企業の雄の海外展開の撤退は、如何なる理由であっても気持ち良いものではないので、機会を見据えて頑張って欲しい。(私も頑張るぞ!)
アメリカのモバイルゲーム市場がそもそもパッとしない。Zyngaも風前の灯火状態が数年続いてる。市場が大きい日本や中国に経営資源を集中するのが正解でしょう。ガチャで稼いだあぶく銭の半分ぐらいをアメリカに突っ込んで失敗したも確かだが、Greeと違ってしっかり立て直してきているのはさすが。
え、まだ会社あったんですか(汗 というのが正直な感想で・・スミマセン。

ローカライズといっても、DeNAの「本来的な強み、核となる技術、確立したキャラクターやブランド」があってそれをアメリカに展開というのではなく、アメリカで買収した会社で完全にゼロからやっているのと同じことでしたから、非常に参入障壁の低いスマホゲームで、シードなしで膨大な数の予選から戦っているようなもの、との印象を受けていました。そりゃぁ大変な戦いです。
同社は海外ゲーム事業に関して、2016年度通期に前期比10億円以上のボトムライン改善を目指しています。四半期ベースの海外ゲーム事業をみても、中国の拡大に対して欧米はコイン消費量の減少が続いており、引き続き収支管理を徹底していくとしていました。またゲーム事業に関しては、任天堂との協業におけるバックエンド開発により注力していきたいということもあるのでは。
http://v3.eir-parts.net/EIRNavi/DocumentNavigator/ENavigatorBody.aspx?cat=ir_material&sid=56606&code=2432&ln=ja&tlang=ja&tcat=ir_material&disp=simple&groupsid=21810