新着Pick
228Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
世の中が豊かになる投資をするようになって欲しい。
人気 Picker
恐らくAIはアルゴ選択はじめ過去取引パターンの類似勝率計測や執行後予測やリアルなバックテストなんかに使うんでしょうね。ダークプールと併せたソリューションで取引執行コスト抑制含め含め差別化図る狙いがあると思われ、執行能力自体を訴求されるのでしょう。
個人投資家向けも頑張らないとですね。
これは、執行のアルゴリズムの話で、運用の話ではない。
AIの定義次第だが、これまでも、VWAPなども含めて、AI的なアルゴリズムはあった。

ただ、みんなが、同じアルゴリズムになると、どうなるのかな。

アンケートで、将棋や、碁で、同じアルゴリズムのAI同士が戦ったらどうなるかを聞いたが、半分強は、先手、半分弱は五分五分。麻雀は、いろいろ。
AIっていうけど、そのプログラムを作った「中の人」のファンドマネージャーとしての売買判断力や運用実績はいかほどなんだろう? 機関投資家はこのAIに運用を任せるとすると、顧客(機関投資家にお金を預けている人)への説明責任、受託者責任をどう果たすのか不思議な感じがします。
全員が同じシステムを使えば、結局リターンは出ない。そもそもアルゴリズムトレーディングは昔からあるし、本記事で何が違うのかよく分からなかった。なお、自己相関が増幅してきそうな気はする。大体過去システム系投資戦略が「悪さ」をするときは自己相関が気づかないうちに増幅してきて、それがいきなり顕在化したとき。
他の人とは違う考え方、時間軸で物事をみていくことが、つくづく重要だと自分は思っている。

昔:機械学習がなかった、人間それぞれが判断。その判断は機械学習がするような過去のパターンから特徴を抽出するといったことは脳がやっていた場合もあろう

今:機械学習もある、そして増えてきている。それゆえ、その取引をほかの機械がみて、また人間も見て、それをベースで行動して、特徴量として「過剰に強化されている」可能性

将来:もし「過剰に強化」されていれば、その揺り戻し?
取引執行であれ自己売買であれ、ディープラーニングを活用した株価予想に基づくトレーディングは既に始めているところもあると聞きます。
AIというフレーズのみでは、なかなかスペックまでは読み取れんですね。
運用ツールの域を超えないとの声もあるが、実用化できるよう、いち早くAIを味方につけた企業が、まずは業務改善効果の果実を得る。Win95,Exel,Exel VBA時代に新OSを味方につけたビジネスマンが、新ビジネスフォーマットを築いた時のイメージでしょうか。
今更感が。。。何年前の話をしているのでしょうか。。。

>個別銘柄ごとの注文状況や売買ボリューム、過去の値動きなどのデータから、株価が30分~1時間後に現時点と比べてどのくらい上昇・下落するかをAIで予測する。株価が上がると判断すれば早めに買い、下がりそうなら遅めに買う。

株価が30分~1時間後に現時点と比べてどのくらい上昇・下落するかをAIで予測できるのであれば、注文執行システムに使うんじゃなくて、自己売買のために使うべきでは?大体、自信があるんだったら作った人、ヘッジファンドでもすればいいじゃん。
ETF然りで、学習ありデータで確かに実現できること。精度は充分とは思えませんが。
みんながAI使ったら同じ行動になるの?
5年後、人間の役割は何か?