新着Pick
293Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
アメリカでかなり昔に取り入れて成功した事例を見ました。個人的には、見えやすい課題だけでなく、根本的な問題を掘り起こせるようにアプローチできるかがポイントでしょう。
人気 Picker
千葉市では既に「ちばレポ」として同様の取組みが始まっていますね。米国では更に前にPublicStuff等が展開しています。米国のそれを参考に作られているアプリもあるので、具体例を少し紹介しておきます。

PublicStuffでは、例えば街灯が切れているのを発見した場合には下記の流れとなります;
・街灯の場所を地図上で指定し
・実際に切れている街灯の写真をスマホで撮影
・データが役所担当者に送られ
・役所担当者が業者に交換を要請
・市民には役所から感謝状が送られる

人海戦術で街灯の確認をしなくても良いという経費削減だけではなく、ゲーミフィケーション要素を取り入れることで、いかに多くの市民に街への愛着を持ってもらうことを意図しているようです。

これらの機能だけではなく、妊婦に健診のお知らせをしたりと多様化していますね。

「ちばレポ」
http://chibarepo.force.com
"PublicStuff"
http://www.publicstuff.com
ここでもスマホが社会生活上の必須アイテムになっています。

ますます追い詰められるガラケー族。
そろそろ転向しないとマズイですよ^_^;
今後の「災害時」などのことを考えても、こうした仕組みはウェルカム、だし推進されるべきですよね!
ただ、投稿者を「匿名」にするか否かは、情報の信憑性と個人情報の兼ね合いから、1つの課題です(私が出席していた、内閣官房の「国・行政の在り方に関する懇談会」でも、大きな議題の一つでした)

ちなみに、ある国の特定の自治体では、投稿時に「専用ID」が表示され、そのIDは職員には分かるが、一般には分からない、との仕組みでした。いろんな意味から、今後はその方法がベストかなと思います。
これはとても良い取り組みではないでしょうか。スマホで写真を投稿するのは多くの人が日常的に行なっていること。利用が進みそうです。
街を歩いていると確かに色んなものが目につきますが、役所に連絡するとなるとどこに連絡したら分からないですし、調べるのも面倒です。
位置情報で役所側も早急な対応が可能というのは大きなメリットですね。
小宮山さんが紹介されているURLリンクが非常に参考になりました!

>「ちばレポ」
http://chibarepo.force.com
>"PublicStuff"
http://www.publicstuff.com

海外だと、このような共創型の問題解決アプローチが盛り上がっている印象があります。
#s公務 #98地方公務
問題点を吸い上げられる仕組みを持てるのは良いですね。問題発見だけでなく、それがどう改善していったか?もどんどん見える化して盛り上げて欲しいですね。
「公開する」透明性がでるのは良いですね。

あとはどれだけ素早く・真摯に対応するかどうか。
救急車とかの要請でも類似の仕組みを使えばいいんじゃないでしょうか。救急患者の容体を動画や画像で送付。指からちょっと血が出てるくらいなら救急車を出動させる必要があるないと分かる。イノベーション。(既存のメッセージアプリで十分実現できます)
この取り組みで、どれ程の経費を削減できたのか?がポイント。
へえ、これはいいけど
苦情が寄せられまくって窓口が困る様が目に浮かびます