新着Pick
462Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
集客から決済まで、一つのアプリで完結しますね。
人気 Picker
ただし、スマホ決済する層はイオンとの親和性低いという罠。田舎じゃ交通系カードなんて誰も使わないし必要ないよ。WAONあるのに不要でしょ。にでもってAppleペイはWAONに対応しない。素晴らしいとか言ってる人、わかってるのかな的な
イオンSIMで売ってる格安スマホはそもそも電子マネー決済の機能も無いし・・
これは素晴らしいな。セール情報の配信(集客)から決済までワンストップでできるスマホアプリ「イオンウォレット」。レジ前にビーコンを設置しておけば、わざわざアプリを探して立ち上げることをせずとも、レジが近づいたらプッシュ通知を飛ばしてアプリの起動を促す、なんてことも可能になりそう。

金融機能を持った小売会社はこういう打ち手を他社と足並みを揃えることなく一気にやれるので本当に強い。さて、セブングループはどう動くか。これはこれで楽しみです。
「決済」を巡る攻防で、カード会社が中核をなすイオングループが妙手を打ってきました。
店舗で使えるクーポンを配信できることがApple対策として意外に効果的かもしれません。
ますますスマホが生活必需品になりつつあります。

私の元同級生たちの中には、いまだガラケーに固執している人達がたくさんいますが…いつになったらスマホデビューをするのか楽しみです(^o^)
これはいいですね。今の購買データだけでなく、クーポン含め集客フックに関するデータも集まるので、データ解析の幅も広がりそうです。
レジ前でシャリーン(WAONの音は知らない)とするという意味では同じですが、チャージの手間がないことと、クーポンなどでパーソナライズができるので、ブランドに対するエンゲージメントが高められるという点がプラスですね
アメリカでもスタバをはじめ、各社が独自のアプリ決済で囲い混む流れが進んでいるようなので日本でも進んでいくでしょう
単なる決済なら汎用電子マネーでよいので、その会社ならではの独自サービスをどう設計できるかが鍵になりそう。手っ取り早いのはポイントだと思いますが、スタバの場合は事前注文ですぐ受け取れるというのがキラーとのこと
スーパーも商品ピックアップして、決済まで済んでいて受け取りカウンターで受けとるだけとかできますよね
良い取り組みに一見感じますが、イオンのレジでは非常に多くの電子マネーで決済できる。

イオンクレジット対応で決済することで例えば「駐車場代金のディスカウントチケットがもらえる」などの、ならではのサービスが普及するには必要となりそうです。
イオンもか。決済が本当に面白くなってきましたね。
しかし、Newspicksの読者はスマホ決済に親和性が高いと思われるが、イオンの客層だとどうなのだろうか?
以前、決済について定性調査を行った際、スマホを持っていても決済はプラスティックカードで行う方が多いという結果がでた。
何故スマホ決済を使わずカードを出すのか?と聞いたら、スマホよりカードの方が薄くて軽いじゃないですか。と言われハッとした。
自分は常にスマホをポケットに入れているので考えもしなかったが、例えば、鞄に入れている方からすれば、カードの方が携帯性が良いのだ。
まだまだマス化に向けてはやらないといけない事があるなと感じた一例でした。
イオンの系列店も含めると非常に多くの拠点で利用されることになりますね。
「イオンウォレット」WAONの様に広まれば、多くの有益なデータが集まりそうです。
イオンウォレット(https://www.aeon.co.jp/smartphone/aeonwallet/lp/index.html)と連動させたスマホ決済の仕組み。
オムニチャネル戦略、ビーコン端末と連動した顧客体験価値の向上などを狙う上で、「スマホ決済」は鍵になってくるだろうな。

懸念としては、イオンだけしか活用できない決済システムだと日常でイオンを利用する主婦層くらいしかニーズがなさそう。
大半のユーザーは、Apple Payで統一したいと考えるのではないかと思います。
#卸売業,小売業
イオンフィナンシャルサービス株式会社は、イオンの子会社で、イオングループの金融事業を統括する金融持株会社(中間持株会社)である。 ウィキペディア
時価総額
2,413 億円

業績