【青木×横山】ベルトコンベアに乗らず、自分流に生きる方法

2016/10/16
AKB48グループの2代目総監督を務める 横山由依さんがNewsPicksのプロピッカーと対談する連載「教えて!プロピッカー」。政治・経済からカルチャーまで、第一線で活躍しているキーパーソンと対談し、基礎から学んでいく企画だ。
今回のゲストは格闘家の青木真也さん。自らを「運も才能もない凡人」と語りながらも、 総合格闘技の世界チャンピオンとして、第一線で活躍し続けている。早大卒、元公務員。異色の格闘家の哲学と、強さの源泉を聞く。
価値観を合わせるのは無駄
横山 青木さんは、格闘技をしているとき、仕事をしているなっていう感じはありますか。
私は最近まで、自分がアイドルをやっている感覚がなかったんです。自分の人生がAKB48と一緒に進んでいる感じで、仕事をしているという思いがありませんでした。
大人になってきて、「これは、こういう目的の仕事だな」とか、「これはファンの方への有料メールだから、価値を出そう」というのが見えるようになってきました。
でも、「仕事だから」という考え方もいいのか悪いのか……。
横山由依(よこやま・ゆい) 
1992年12月生まれ。京都府木津川市出身。2009年9月、AKB48第9期研究生として加入。2010年10月に正規メンバーとなり、2015年12月、AKB48グループ2代目総監督に