新着Pick
561Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
領土獲得して稼いで、さらに稼ぐために稼いだお金は新しい領土に切り込むために使う。
人気 Picker
SBのバランスシートを眺めると、銀行など金融機関、Debt機関投資家、個人社債投資家から集めた比較的廉価の資金を、グローバルのTMT(テック、メディア、通信)投資活動に使用しているという状態。SBへのDebtへの資金提供は、バランスシートを良く見てから考慮する必要があります。
エクイティ部分への資金提供(SB株式の購入)も、Leverage好きな人向け

【SBのバランスシート(21兆円)概観】
資金のファンディング
・有利子負債12兆円(純負債9兆円)
・少数株主持分1兆円
・株主資本2兆円

資金の使途
・有形固定資産4兆円
・無形資産(のれん含む)7兆円
・投資3兆円

(出所:SPEEDA)
サウジの政府系ファンドも巻き込んで、最終的には1,000億ドルに達する可能性があるとは。事の是非には異論もあるだろうけど、世界にあまねく人的ネットワークを張り巡らして、さらに個人名が認知されている孫社長だからこそ打ち出せるスケール感の話。
記事読む限り、ソフトバンクの拠出が250億ドル、サウジのPIFが最大450億ドル(ここまでで700億ドル)、それ以外の投資家とも交渉中でそれら合計すると1000億ドルとなる可能性があるということ。
では、そもそもソフトバンクの250億ドルはどこから出すのか?考えやすいのはAlibaba株を売却するか、担保として融資を得るか。下記でソフトバンクの株主資本比率やDEレシオを見られるが…ただ、ファンドだし、自社のクレジットリスクを抑える(そもそもソフトバンク自体で有利子負債の額が大きく、レーティング変更などの金利への影響が大きい)ために、そこのストラクチャーは色々工夫して、本体に影響が及びにくい形にはするだろうが。
あと、個人的にはこれまでの投資とは違うと思う。これまではAlibabaやSupercellのような数億~数千億レベルの投資と、ボーダフォンやARMのような数兆円の「連結化する投資」。本件はファンド形態だし、資金の拠出状況を見ても権利はソフトバンク以外のほうが大きい(投資の意思決定はソフトバンク)。ファンドという形態をとる中で、だれがどれくらい経営しに行くのか(まさか孫さんが複数社にトップダウンで入っていくほどのリソースは今ないだろう)、そこもかなり違うと思う。
ちなみにソフトバンク株は+1.80%。
https://newspicks.com/company/SPD1LVAG78E760NH?t=chart

<追記>社外取締役の永守氏・柳井氏はどう考えているのだろう?上記で書いたように、今回のは「連結化する投資」という事業色が強いものではない。それに対して両氏は「投資家としての孫氏は興味がなく、事業家としての孫氏が重要」といったことをコメントされている。
https://newspicks.com/news/1619938
<追記終>
寄稿でも書いたが、皆さんは、あまり注目し、この記事も殆どの方が理解してくれないと思うが、強みは、①ファンドとコングロマリットか変幻自在、エコシステム、オープンイノベーションのためのレバレッジであり、囲いこみ、②水平分業でしかシェアを考えない当局が古い頭のうちに、独禁法回避のスキームの疑似垂直統合。

こいいう意見は、いずれ、大勢が固まって明らかになれば、有名人、識者がいうのだろう。
NPの中では、①初期で見解リスクが高く意見の大勢が決まらないうちは、ピッカーの意見や、私の寄稿など、リトマス試験紙に使う、②だいぶニュースや他紙でも意見がでてきたら、内部の記者やアナリストが特集(見解が間違うリスクが減る)、③有名プロピッカーが意見をいう特集(意見が間違うリスクなく、レピテーションはOK)という三段階。株と同じかな。

蛇足:NPは、多様な価値観のクラブから、だんだんモノカルチャーの新興宗教的になってきた。
ソフトバンクに250億ドル拠出する余裕があるのでしょうか?

社債が売れず、英社を時価の1.5倍で買ったソフトバングの台所事情を考えると???が付くのですが…。

韓国の話といい、最近孫社長の話が大きくなっています。
社長が大きな話をはじめるのは倒産の一つの兆候だというのが、企業分析のセオリーですが…まさかね^_^;
サウジアラビアなどからも資金調達し10兆円規模にするとのこと。これだけの額なら、ビジネスマップを大きく変えられる可能性がある。要注目です。
んー、なんでファンドわざわざ作るのかな?SBIとは比べ物にならないくらい大きいけど、本体に利益を還流させるための仕掛けなのかなあ?
有利子負債が12兆円あり、さすがにこれ以上増やせない
しかし投資したい案件は山ほどある
本体での増資はしたくない。自分の持ち株シェア(開示資料によると現在19%)が下がるから

そうなると、ファンドにしようというのは創業者系上場会社経営者なら誰でも考える事。

問題は、1この規模、2利益相反。
この規模になると、買えないものほとんどない、のではなく、大きすぎて買えるものがほとんどない。
超大手機関投資家と話すと、時価総額や流動性が小さい会社(日本の数千億前半の会社)は小さすぎて買えないという。
売れないからだ。売って利益を得るのがすべてのファンドにとって、買えるかではなく利益を出して売れるか、が重要なのだ。

そんな事はわかっているだろうから、
この投資はずばり、SlackFundなのではないだろうか。https://slack.com/developers/fund 
SlackFundは、主にSlackの投資家が、Slackの価値を高めるために作ったファンドだと見ている。
Slack経済圏を盛り上げるために貢献する会社に投資していく。ファンドで損をしてもSlack一社でそれ以上のリターンが出せる。

今回の場合SlackはもちろんARMだろう。

ARM経済圏を形成出来るような大き目の企業への投資で損をしない程度の投資リターンを得つつ、ARM取引を促進するような投資をしていく。

このくらい目的限定投資にしないと、上場投資会社(現在のSB)と、ファンドは利益相反で両立が出来ない。
ジャフコ等の上場投資会社が古くから直面してきた、利益相反の問題だ。これも常識であって、回避策(つまり投資分野の限定)くらい当然考えているはずだろう。
これでいよいよソフトバンクは名実ともに投資会社となった。今までは自己資金だったが他者から資金を預かり運用益を返す、紛れもないファンドマネジメント業になった。
投資は0か1ではないので、産業のキモになる部分(ARMなど)は100%抑え、産業を育成する部分はある程度コントローラブルにしつつ、他の組織にリスクを取ってもらうということと思われる。これによって同リスクで産業の立ち上がりのコントローラビリティがもっと上がる。

うーん。極めて合理的だが、これを実現できるのがすごい。
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
14.8 兆円

業績