新着Pick
79Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「クリエイティブ」という言葉は定義もあいまいで、「なんかものづくりできる人」みたいなチヤホヤワードで、あまり好きではありませんでした。
広告の「クリエイティブとは節約である」というのは、仲畑貴志さんの教えです。
このセッションでは、このあとクリエイティブってなんなんだよ?と、全然ちがう立場の人たちが噛み合わない議論をしていて面白いです。
クリエイティブというものは極めて広義の概念で、非常に広い概念であることを再認識しました。
PARTY 中村さんらが登壇した「クリエイティブの力で世界を変える」のセッションを公開しました。最初は各登壇者の活動紹介です!
PARTYがやってる事をひと言で表すならマーチャンダイズでしょう。だから「クリエイティブ」と自ら表現するのだろうし、僕は「クリエイティブ」だと思います。

現代においては、旧来と素材や製法、見た目が変化していないようなレガシーな商材であっても、売り方やパッケージング、コミュニケーション方法によって新たな商材としてリファインすることができます。というか、そうした諸々のコンテキストも含めたものこそ、現代における「商品」と言えると思います。

こういう手法をただの「マーケティング」と捉えるのは、逆に前時代的な感性だと思います。
PARTY中村さんはいつもアグレッシブでいいですね!