新着Pick
433Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
これが発売したら、ネットカフェに行って遊びたいです。
人気 Picker
かつてはゲーセンのゲームが家でもできる、というのが家庭用を買う大きなインセンティブだった。VRも初めから個人向けを狙う必要はなく、まずはアミューズメントとして多くの人が気軽に体験できる場をもっと増やすことが重要だと思います。私が体験したコンテンツの1つ「アーガイルシフト」は、自分の長年の夢を叶えてくれるどきどき感がすごかった。こういうのはやはり家庭用ではなく大型設備で楽しみたいものです。
体験しましたが、やはりまだフレームレートとセンサーの追従性で爆発普及するレベルではないと感じました。あくまでオキュラスとの比較ではありますが。エンタメで活躍できるにはもう一段。それでも超ハイエンドスマホが必要なので、まだ時間が必要でしょう。
今の所ワイヤードですがPSVRがコスト面でもパフォーマンス面でも1番おすすめ。
いよいよ今週はPlayStation VRの発売日。
エンターテーメントとしてのVRに新たな第一歩が示されます。

ということだからなのか、この記事はわざわざGoogleの新製品Daydream Viewと価格帯も用途も違うPlayStation VRを比較するという、訳のわからない、というか典型的な釣り記事です。

Daydream Viewはスマホをセットするタイプのプラットフォームで、競合製品はあきらかにサムスンのGear VRでしょう。
それなのにサムスンのサの字も出てこないあたり、何が何でもPlayStation VRと同じカテゴリーと印象付けようとしていて、なかなか徹底しています。

スマホタイプは構造上、没入感などは到底Play Station VRやOculus liftにかないませんし、そもそも操作系的にもゲームなどのアミューズメントには向いていませんからね。
最初から対象や用途が違うのです。

同じVRと言っても現在は価格や用途によって百花繚乱の状態です。
ご興味のあるむきは、話題に便乗したこうした記事に惑わされず、自分の興味のある分野のものを選択するといいでしょう。
Googleの8000円のVR…欲しければスマホも買わなければならない。

ああ、衝動買いしそうで、怖すぎる^_^;
記事の中にある、VRが普及しない理由は判りやすい。
個人的には、ソニーやオキュラスと比較して3分の1以下に抑えられた価格はかなりいい線まで来てると思うので、あとはコンテンツがどれだけ用意できるかがポイントかなと思います。
アメリカでVRゲームやらせていただいたんですが、これほんと360度その世界に入り込んじゃうので、ヘッドフォンつけてプレイしてると周りのこと何もわからなくなって夢中になりました。(すごい素人な感想…)

1つ、室内での課題は「歩き」だと思います。目にグラスをつけてヘッドフォンをしているので、障害物に気づきにくく、物理的に歩くことは本来想定されていませんが、ゲームの世界ではプレイヤーを動かす必要があります。そこをどうやって「体感で」歩かせるか。ここがスティックプレイになると全然面白くない。僕が体験したゲームでは自動的に主人公がゆっくり動くシューティングゲームでしたが、やっぱり自分の意思で歩き回りたい!!
Googleのステマみたいな記事ですね。いつからこれがジャーナリズムに該当するようになったんだろう。
アイスランドで開催されたVR専門カンファレンスに行きました。PSVRのゲームに試しました。宇宙船SPF(パイロットではないので操作についていけません。涙)。無重力体験は没頭感満載でした。釣りでビクビクを感じられるコンテンツも。ものを掴む動作の精度はまだまだ(リアルっほく感じられない)。コンテンツに触れる回数が増えると関心が増して欲しくなってきます。酔いの課題もありますが、それを解決するスタートアップも成長してきています。
ARとVR(MRも含めて)はセットものと言ってもいい存在。ARが流行るのならVRも追随する。VRは視線や物体の認識、ジェスチャーや立体的な位置のトラッキングなど、ARに応用可能な技術が多い。
Googleが出資したMagic LeapはMR技術、デバイスを開発しているが、まだ市販されるところまでは達していない。それはARも同様です。
今の段階でVRを手掛けている企業は、ARとMRでも優位な位置に立てるかもしれない。

将来、ARとMRが普及台数でVRを追い抜く事があっても、VRは仮想現実を体験出来る唯一の方法であり、一過性ではなく、長いスパンで見るべきものと考えます。OculusとHTC、GoogleとソニーはVRコンテンツのプラットフォーマーとしても動き始めている。コンテンツも当然この4社に集まり、Daydream対応端末の普及、PS VRの発売で加速的にコンテンツが増えていくと予想出来る。
装着する端末も小型軽量化、ヘアスタイルにも影響しない物が発売され、VRに触れる人は確実に増えるでしょう。大型施設では本格的なVRコンテンツを体験出来るようになり、DaydreamやPS VRとの連動も考えられる。

AR (MR)に取って代わられるという見方は多いですが、今だけを見てVR市場を判断するのは時期尚早です。流行らないからと切って捨てるようでは、ARでも勝負出来ないと思います。
・8000円でも、まだ全然高い。
・6万円のスマホも買う前提なら尚更。
・とは言え、全てはコンテンツ次第。
→VRは「流行る」のではなく「流行らせる」。
Google LLC(グーグル)は、インターネット関連のサービスと製品に特化したアメリカの多国籍テクノロジー企業である。検索エンジン、オンライン広告、クラウドコンピューティング、ソフトウェア、ハードウェア関連の事業がある。 ウィキペディア

業績