新着Pick
246Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
記事にある米沢事業場に加え、ThinkPadを生んだ大和研究所もみなとみらいに移転し現在も全世界に向けてThinkPadの開発を行っています。繊細で細かいところにまで気を利かせた日本のものづくりはグローバル規模のオペレーションにおいても十分に強みを発揮していけると思います。一つ一つのモノだけでなく、共創で実現していくIoTで繋がった全体のソリューションが重要になってきていますが、モノが無くなるわけではなく、一方で世界中の市場においてより洗練されたものづくりが求められているのも事実。要はグローバルチームにおいて多様性の中での自らの強みの活かし方を理解し、貢献していくことができるかどうか。世界のトップリーグで活躍する日本人選手と基本は同じです。
これほどの技術を持っていたとするならば、活かしきれなかったことを危機感に変えるべき。レノボがもし今後活かせたとしたら、日本企業は一体何をしていたのか、なぜ差別化できなかったのか、ということ。美談に終わらせずに、なぜ活かせきれなかったのか、真剣に考えなければ、多くの日本企業で同じような事象が起きると感じます、それが私がこの記事を読んだ時の複雑な気持ちです。
朝日の良質企業。読後も、真実味のある前向きさを感じます。日本人はとかく世界が見えていないので、海外企業、特に中国系や韓国系企業に対する偏見が多い。財力があり、巨大市場を足元に抱え、上を向いてひた走っているレノボなどは、日本がもっと大胆に飛び込んでいけばいい企業のひとつです。日本の工場や開発部門への、世界からの評価は極めて高いのですから、世界との賃金格差が少しずつ縮まっているこの数年、海外からの投資をもっと前向きにとらえてほしいです。特に、マスコミの果たす役割は重要。一番怖いのは、排他的閉鎖的な姿勢から、他社を拒み続け、日本の地方工場や人材が、そのまま立ち行かなくなっていくことです。
たしか、モノ作りの本も出ている。

科学、技術、生産、一流、経営は三流?ということか!
Lavie Zの耐久性はクソでした。ノートPCなのにたまにしか室内で動かさない等の特殊用途では良いかもしれませんが、ビジネスでガンガン使うには適していません。

耐久性はlenovo基準で改めてほしい点で、両社がそれぞれの強みを持ち寄れば、使いやすいノートPCができるのではないかと期待しています。ちなみに事務所のPCはデスクドップもノートも全てlenovoです。

あっ、違った。Chromebookが一台あった。ただ、出先にノートPCは持っていきません。最強Galaxy noteで十分です。あ〜、発火事故で新型には乗り換えられない。。。
NEC、Lenovo製品は使っていないけど、米沢事業所の話は最軽量のPCが発売される度に、ニュースで見聞きするので、なんとなく凄いんだなとは思っていました。この記事を見ると本当に凄いんだなと改めて思います。
日本IBMの大和研究所もあり、日本にある2つの事業所のLenovoに対する貢献度は計り知れないですね。
良いものとは思いつつ、あまり興味を持てなかったのですが、大和研究所が関わったYOGA BOOKのHaloキーボードの完成度には驚きました。
米沢と大和、双方の技術が組み合わさると、もっと良い製品が出てくるのではと期待が持てます。
技術力はイノベーションの必要条件です。十分条件が他に沢山あるのでこれを満たせるかが鍵。

妹尾先生が「技術力で勝る日本が、なぜ事業で負けるのか―画期的な新製品が惨敗する理由」のいう著書の中で述べられていますが、かつて、
『知恵づくりは米国、モノづくりは中国、日本は試作機づくり』と冗談が言われていました。

「世界初」が他社追随を許さない、利益につながる製品になることを期待します。
海外の目からは、日本の技術力・開発力はまだまだ価値があると判断してもらえている。
日本の工場が生き残るためには、グローバル規模のサプライチェーンに組み込むことができるかが鍵になってきそうですね。
米沢では山大工学部でoctという医療機器を開発しましたが実用段階で日本の会社が取りあってくれませんでした。
海外で実用化されました。
今では世界の基本的な眼科検査機器です。

米沢に四年近く住み、いまでも診療にいっている身としては嬉しい記事です

パソコンはいつも、レノボ米沢モデルを買ってます。
いい記事!日本企業はパーツ作るところまではいいんだけど、使いやすい製品化やよく見せて売っていく力がない。単純にマーケティングができていないのかな。

業績

日本電気株式会社(にっぽんでんき、英語: NEC Corporation、略称:NEC(エヌ・イー・シー)、旧英社名 Nippon Electric Company, Limited の略)は、東京都港区芝五丁目に本社を置く住友グループの電機メーカー。 ウィキペディア
時価総額
1.17 兆円

業績