新着Pick
267Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
スポーツに限らず、私のように日本生まれ育ちの方は、一度は海外に出た方が良いと思います。

インターネットとスマホの世界的な普及に伴い、グローバライゼーションが加速している中、日本で何かをするにしても、今後グローバルな視点は欠かせないと思います。

もっと多くの日本人が、自分の良さを日本にいる時と同様に海外でも出せるようになれば(当たり前のように聞こえますが、言語力、慣れ、慣習の違いなどから、これが海外で出来ない日本人が多いです)、それが翻っては愛する祖国・日本のためにもなると思います!

なんでも良いので、一度は海外に出ましょう!
日本や世界が、少し違って見えてくると思います。
Go Global!
何の分野でもそうなんですが、

①海外経験を積んで、海外の人脈に通じている人
②海外の情報に気を配りながら日本で経験を積んで、国内人脈に通じている人

の二人が組むことが大事かと。
多様性を肌で知ることが重要だ、というのは、スポーツビジネスに限らずあらゆる分野に共通していえることでは。日本らしさや日本人らしさというのは、純ジャパ育ちの人間であれば自然に備えているので、そこをあえて強調する必要はない。岡部さんに激しく同意です。
スポーツが好きじゃない人ほど、スポーツ界に来た時のバリューが高い
間違いない。弁護士も通訳も買収されたり、恫喝、恐喝も当たり前。欧州サッカー界での10年間の経験はスポーツビジネスだけじゃなく、人生をドラマティックにしてくれた。^^;
岡部さんがおっしゃるように、ドメドメ派は絶対一度は海外に出たほうがいいですね。学ぶことがわんさかあります。
海外に行く=多様性を肌で感じる
ここにとても共感。

1億の市場か70億の市場か。その選択次第。
実際にこちらのイベントに参加した際の情景がフラッシュバックしましたが、ジャパンウェイの話は確かに興味深いと思いました。
過去・現在を受け止めることから始めて、それを未来に向けてカスタマイズする、というマインドが重要なんだと思います。
学びの舞台とキャリアの選択肢が国内に増えたのは素晴らしい事です。だからこそ大事になるのは「自分が何処で何をしたいのか」でしょう。現状と将来を繋ぐ場の1つとしてどの国のどの教育機関を選択するか?という事だと思います。また、それは年齢や立場で変わってくる事もあります。授業料という大きなお金がかかり、人生も左右される問題ですが、必要に応じて体系的に学び、次のキャリアを掴みやすくなる環境を選択するのがベストなのではないでしょうか。
当然。
と言いたいところですが、モノに寄りますよね。