【青木真也×横山由依】負けを価値に変える、それが腕の見せ所だ

2016/10/9
AKB48グループの2代目総監督を務める 横山由依さんがNewsPicksのプロピッカーと対談する連載「教えて!プロピッカー」。政治・経済からカルチャーまで、第一線で活躍しているキーパーソンと対談し、基礎から学んでいく企画だ。
今回のゲストは格闘家の青木真也さん。自らを「運も才能もない凡人」と語りながらも、 総合格闘技の世界チャンピオンとして、第一線で活躍し続けている。早大卒、元公務員。異色の格闘家の哲学と、強さの源泉を聞く。
「好き」と「得意」は違う
――青木さんの著書『空気を読んではいけない』を拝読すると、横山さんとはタイプ的にずいぶん違うところもあると思います。青木さんは格闘家としても異端の存在として知られています。
青木 僕は体の力が強いほうではないし、存在感があるタイプでもない。他に才能のある人間がいっぱいいるから、王道では勝てないんです。
だから「弱者の戦術」といった感じで、合間合間をうまく狙うやり方で戦っているんです。
横山 格闘技は、もともと好きだったんですか。
青木 はい、好きでした。「好き」と「得意」は違うんですよね。はじめは柔道をやっていたのですが、好きだけれども、得意ではありませんでした。
一方、格闘技は好きで、しかもわりと得意だった。だから続いているんだと思います。好きなことと得意なことがちぐはぐな人が多いですよね。
それが一致するものを見つけられたら、勝ちだなと思います。
横山 前回、一橋大学の楠木先生との対談でも「好きか嫌いか」の話になりました。青木さんは「好き」で「得意」なことを見つけられたんですね。
横山由依(よこやま・ゆい)
1992年12月生まれ。京都府木津川市出身。2009年9月、AKB48第9期研究生として加入。2010年10月に正規メンバーとなり、2015年12月、AKB48グループ2代目総監督に
青木 横山さんは、今の仕事は得意ですか。