新着Pick
1229Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
顧客(広告主)だけでなく、従業員に対する対応も世間の常識からかけ離れている。この会社は徹底的に糾弾されないといけません。
ちなみに、弁護士が事実確認できた残業時間が「100時間以上」だったというだけで、「睡眠2時間で身体が震えた」等のSNSでの本人証言から考えると、実態としては200時間くらいは残業させられていたと思う。立派な殺人ですね。

亡くなった女性や遺族に対してできることは、「同じような悲劇が起きない社会を作ること」ではありません。
何よりも優先されるべきは、「彼女の自死に至るまでの事実関係を全て明らかにして、会社や上司など責任を取るべき人間を裁くこと」だと思う。
うつ状態になると判断能力が低下し、絶望の深い闇の底でもがきながら最後は命を絶つ方もいらっしゃいます。インフルエンザなどで熱が40℃近くあるとき、全身倦怠感、気力低下、集中力低下、食欲低下などが出現し絶望的な気分になることは誰しも体験したことがあると思います。うつ状態とはまさにあれが一生続くようなものです。死んだ方が楽なくらいつらい状態なわけです。もしもまわりに過労で「死にたい」と漏らす方がいたら無理矢理にでも専門家に繋げた方が良いと思います。本人の判断能力ではそのような合理的な判断はもはや出来なくなっているためです。
電通では、1991年にも、入社2年目の男性社員が自殺しました。裁判は最高裁まで争われ、結論として、企業側には、労働時間や健康状態の管理、調整を含めた安全配慮義務があり、電通はそれを怠ったという判断がなされました。この裁判は、過労死事案において画期的な裁判でした。
今回のケースは、年齢、状況とも酷使していて、電通がこの24年間、全く変わっていなかったことを示します。
ちなみに、前の事件では、男性社員の葬儀で、彼の彼女が「ごめんね」と泣いていたことから、彼のうつは彼女との関係が原因であると電通側が主張していました。
私は、修習時代、過労自殺事案の企業側弁護士のお手伝いをしたことがありましたが、よくもまぁここまで証言を作り上げたり(嘘は言わないまでも余計なことは言わないことで、事実とは全く異なるストーリーができる)、人間性を否定するようなことを言うな、と思いました。
もちろん、企業側弁護士もそんな人ばかりではなく、ほとんどの弁護士は誠実に仕事していますが。
「死にたい」と言った時、家族としては無理やり病院に入院させるべきでした。
今さら「たら、れば」を書くのは家族にとって酷ですが…。

精神疲労が極度に達していたりうつ状態になっているときは、視野が狭くなって正常な判断能力を失うことが多いのです。

以前、知人がそういう常態になった時に家族から相談を受け「病院に無理やり入院させる」という荒業で対処しました。
本人が応じない場合は、押さえつけてバットで殴って足を骨折させようかと真剣に相談しました。

入院2日後、
「ぼくは一体何をやっていたんだ。何を考えていたんだ」
と正常な判断能力を取り戻してくれました。
今も彼は元気でやっています。
もちろん、激務の会社はサッサと退職しました。

自力では逃げられません。
退職するという選択肢も浮かんでこないのです(涙)
誰かが気づいたら、何とか逃してあげてください。
サインを見逃さないことが彼女の死を無駄にしないことにもつながります。
まずは女性に心からの冥福をお祈り申し上げます。

その上で、個人的には言いたいことが沢山あるのですが、本件は女性個人の背景、性格の問題では全くなく、完全に①広告業界における業界文化、②個別の企業文化、そして先日の当該企業の過大請求問題とも関連する③広告における商慣行、の3つが複雑に絡み合った問題であることだけは、強く主張いたします。

正直、様々な過去のことも思い出すと、胸が苦しくなります。この件は、あくまで氷山の一角です。そして、特に今は、上記③が多様な問題の根幹になっていると感じます。それは広告代理店だけでなく、広告主側の問題でもあります。単なる長時間労働、過労の問題として片付けては行けません。

女性のTwitterアカウントです。亡くなる5日前が最後になっています。
https://twitter.com/matsuririri

有望な若者を酷使するような状況は、今すぐにでも改善すべきです。それがジャーナリズムが本来果たすべき役割と私は信じています。
電通社員の働き方やばすぎる人多いよね。私の知り合いも同じような感じだ。人によるんだろうけどさ、ブラックだよね。。
追記:ぜひ過労死白書をお読みください。
 一人が弱かった、強かったという問題ではないということをぜひ理解していただきたいと思います。
http://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/karoushi/16/index.html

理解のないコメントも目立つのが悲しいですね。
自律的な働き方も大切ですが、まずはこうした方たちが二度と悲劇に見舞われないように、命を守るための、長時間労働の上限規制は必要だと思います。人が強い、弱いの話ではない。命を守れるかどうかという問題です。

強い人しか生き残れない会社にはダイバーシティもイノベーションも産まれません。
いじめの構図と似ている気がする。
「辞めればよかったのに」「逃げればよかったのに」は他人事だから言えること。

「どこの学校に行くのか」「どこの会社で働くのか」といった帰属を大変大事にする(気にする)日本人だからこそ、一度、帰属してしまうと、そこから「抜ける」という選択肢が「個」の大切さを何よりもうたう他国の人よりも、やや出にくく、その困難に立ち向かい過ぎてしまうところもあるのかもしれない。

だからこそ、まず「他人」がその辛さに気づいてあげられ、そっとその選択肢も提示してあげられれば。

心からのご冥福をお祈りします。
ワタミでの悲劇をきっかけに、過労死防止対策推進法をつくったが、悲劇が繰り返された。ご本人はもちろん、お母さんの気持ちを思うと、言葉がない。

もう一度、法の趣旨が現場にどこまで行き届いているのが、確認したい。
バブルの頃だが電通のライバル社の社員がうちの会社へのプレゼン中に倒れてそのまま還らぬひととなった事件がありました。あれから20年以上も経つのにまったくこの業界は変わっていないんですね。おそらく隠れ過労死やら隠れ自殺が相当あるのではないかと思わざるを得ません。

【追記】わたしのエピソードだけでなく皆さんご自身が家族や友人や同僚などが身近で経験された実態に衝撃を受けています。これほどあちこちで見聞きするほどなのに日本の会社が何も変わっていかないことに苛立ちだけでなく怖さすら感じます。わたしたちはまず何をすればいいんでしょうか?
株式会社電通(でんつう、英語: DENTSU INC.)は、日本最大手および世界第5位の広告代理店である。 ウィキペディア
時価総額
1.19 兆円

業績