新着Pick
131Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
コマツの取り組みは先進的ですね。2001年時点でGPSとセンサによる重機管理をスタートさせていたのは凄いです。
人気 Picker
建設業界は集約されていない。それゆえ、建機側でデータを集約して見える化したものを顧客に提供することで、自社の状況がベンチマーク化できる部分があるのではないだろうか?ベンチマーク化して、定量的に要因分解をできるようになれば、改善余地が大きいことが見えやすくなり、また優先順位もつけやすくなる。
もちろん、個々の現場で使用方法は異なるだろう。それでも一定に共通する部分があるはずで。そしてこれは、顧客企業でやろうと思っても、社内だと建機の台数に限りがある。だから、顧客数が多い建機メーカー側じゃないとできないこと。
GPSを活用したKOMTRAXをはじめ、コマツの新しい技術へのチャレンジ、展開力は目を見張るものがある。
ドローン、完全無人運転も、実用化では、全産業の中でトップクラスにある。
過去の成功(コマツの場合KOMTRAX)に安住しない、常に新しいものに挑戦する姿勢こそ、企業が生き残る唯一の道。それをコマツが示している。

コマツが運転席のない自動運転ダンプカーを開発
http://www.gizmodo.jp/2016/10/innovative-autonomous-haulage-vehicle.html

コマツ、米でドローン使い工事省力化
http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXLZO03154860S6A600C1TJC000/
機械製品の機能品質の評価とカイゼンにITを使う、という明快なビジョンがよいなぁ さすがIoT老舗  モノへのこだわりが強すぎる点は強みにも弱みにもなる、というご意見はフル同意です!
データの価値を目に見える形で示した最良の事例としてのコマツ。製造業に比べて非効率な建設現場でソリューションを提供する企業に変貌を遂げましたね。
株式会社小松製作所(こまつせいさくしょ)は、東京都港区に本社を置く、日本の建設機械・鉱山機械のメーカー。呼称としてカタカナ表記のコマツを用いている。英表記はKOMATSUである。創業者は竹内明太郎。TOPIX Large70の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
2.65 兆円

業績