新着Pick
160Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
ちょうど2005-2006年頃、オフィスが中目黒だった頃のドリームインキュベータさんの選考インターンに参加しました。新卒の採用には相当な力を注いでいらしたようにお見受けしましたし、選考プロセスでお会いした社員の方々も人間味に溢れて魅力的だったのを記憶しています。まだ社員数が50人位だったかと思いますが、独自色の強いファームならではの雰囲気でしたね。同時期のインターンに参加した6人は今でも良き友人であり、個人的には大変感謝しています。
2006年あたりからリーマンショック後の傷跡が癒える2010年あたりまではベンチャー冬の時代でしたが、その時期を乗り越えた投資先であるアライドアーキテクツさんやディーエルイーさんが上場しているあたりはさすがですね。
東京ガールズコレクションはファンドを通して商標を保有していらしたと記憶していますが、なにかと背景が複雑な案件に対してリスクをとったんだなと、当時は感じました。
昨日朝倉さんも書いていましたが、数字で見ると自ら事業としてやっているペット保険事業の存在感が大きく、「ペット保険屋さんが副業でコンサルもやってる」という感じになっていますね。
コンサルやVCはある意味不安定な事業でもあるので、定常的に収益が上がる安定事業が欲しかった、という要素もあるんじゃないかと思っています
>例えば、会社に投資されたカネを本業であげた利益と勘違いして、ぜいたくなオフィスを作ったり、遊興に使ってしまうような経営者もいるのだ。

資本主義はそういうもんじゃないし、このような自分のためにお金を使う経営者は資本家にはなれません。そもそも資本主義とは基本的に勤勉の哲学であり、稼いだお金を再投資するというものです。稼いだものを自分の贅沢に使うんじゃなくて、資本としてドンドン投下していく。それによって、資本の無限回転が起きるのが真の資本主義。ちょっと固い話ですけど。
市場環境が悪い時期でもしっかりと将来への種まきをする姿勢が素晴らしいです。僕も08年前後はいろいろなことが重なって苦戦していましたが、きっちりとレピュテーションを守ることを第一に臥薪嘗胆の日々でした。苦労を乗り越えた仲間の絆は深いです。
1990年代初頭にベンチャーキャピタルファンドにいた限られた経験知だが、堀さんの指摘される3ポイントはその通りだと思う。ただし個人的には違う順位づけをしたい。①経営者、②ビジネスモデル、③タイミング。

人物とビジネスモデルは分かちがたいワンセットのものであり、どちらが「必要条件」でどちらが「十分条件」かは、意見が分かれる。しかしファンドマネージャーもコンサルタントも、事業にフルタイムでコミットできる立場ではない。つまり、経営者の代わりはできない。どれほど革新的で優位性のあるビジネスモデルであっても、実行する人物に問題があれば成功はおぼつかない。

ところがファンドやコンサルティングに従事する「頭のいい人」は、自分が関わればうまくいくと思いがちだ。現実は、本稿で指摘されるような人物もいるのが現実である。フルタイムでタッグチームを組んでも大変なのに、パートタイムで状況をマネージするのは不可能に近い。人物を見抜く動物的勘を磨き、第一印象で良し悪しを判別できるようになって、はじめてベンチャー投資やベンチャー育成という「ケモノ道」に分け入ることができる。
【第18話】ドリームインキュベータ会長の堀紘一さんがビジネスの失敗から得た教訓、成功するための3つの条件を明かします。
この人偏見が凄いんだよね笑笑
ふむふむ。

商売というのは、まずはビジネスモデルがいいかどうか、それから2番目にタイミングがいいかどうか、3番目に経営者がいいか、が重要だ。
ビジネスモデル、タイミング、経営者の腕という3つがそろうと、いろいろなことがうまく回り出すのだが、どれかひとつが欠けてもうまくいかないのだ。
個人的にはタイミングが1番間違えやすい気がします。今でしょ!とすぐ思ってしまうので。
なるほど、大事なのは、「ビジネスモデル」、「タイミング」、「経営者」、とのこと!

------------------------------------------------------

商売というのは、まずは「ビジネスモデル」がいいかどうか、それから2番目に「タイミング」がいいかどうか、3番目に「経営者」がいいか、が重要だ。

ビジネスモデル、タイミング、経営者の腕という3つがそろうと、いろいろなことがうまく回り出すのだが、どれかひとつが欠けてもうまくいかないのだ。
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。
株式会社ドリームインキュベータ(英語: Dream Incubator Inc.)は、東京都千代田区に本社を置き、コンサルティング並びに投資事業を行う。堀紘一が2000年(平成12年)に創立。 ウィキペディア
時価総額
164 億円

業績