新着Pick
122Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
あ、そういえば中高先輩だったか、、
筑駒の前身「教駒」
この時代の人はこの呼び名にプライドがあり「筑駒になってレベルが落ちた」とか宣います(某冨山さんとか 笑)
記事にあるように、農業学校がもとなので、いまだに中学高校一年で、駒場東大前にある駒場野公園にある田んぼ(日本農業の発展に貢献したドイツ人ケルネル氏の名前を取ってケルネル田んぼと言います)で田植えをし、秋には収穫し、冬には餅つき、卒業生には赤飯が振る舞われたりします
この歳になってもこれだけ中学受験のことを熱く語れることが凄い。灘中の受験の時のことなんてほとんど覚えてないし。
イギリスでは日本人だと言って石を投げられ、日本ではフランス語を英語風に読むと言って責められ、犬に魂がないと言われて公立小学校に転校し、変わった学校では髪が長いと言っていじめられる。マンガかドラマみたいなストーリーですけど、最後に待ってた終わりが難関中学校の合格。堀さんのどんな境遇でも結果を出す凄さをこんな小さい歳から垣間見ることができました。

>担任の先生は万歳三唱し、「まさか俺の教え子から、こんな子が出るとは思わなかった」と涙を流さんばかりに喜んでくれた。

やってのけるレベルが半端ない。凄いですね、この人。
【第3話】ドリームインキュベータ会長・堀紘一さんは小学5年生のとき、「犬に魂があるか」先生と論争を繰り広げ、学校をやめました。
リズムがいい文章ですね。ポンポン展開が変わるし、余韻が残る感じです。
それにしてもまたしてもイジメられますか。やり返す話が出そうで出ませんね。
「犬に魂があるかどうか」―この神学論争はとても興味深い。それはおそらく「魂」をどれだけ厳格に定義するか、という論争だったのだろう。キリスト教神学にとって「魂」は人間の本質そのものであり、神との永遠で不滅の特別な関係性を保証するものであると思う。犬にそのようなものがあるはずはない(いやそんな発想そのものが許されない)、というのが担任の神父の神学論だったとすれば、折り合いをつけられる話ではなかったのかもしれない。しかし、堀少年の素朴な感性は、確かに犬に「魂」を感じていた。英国の小学校で階級社会(観念的には神と人間の序列の世俗版)を強烈に体験し、日本でもキリスト教神学を学んだにもかかわらず、堀さんは、日本人の素朴な感覚―森羅万象に仏性を感じとる感性をもっていたのだろう。犬どころか、花や木にも、いや山や川や道端の小石にすら「魂」を感じ取る感受性は、西洋文化圏で育った人にとっては、きわめて異質なものだろう。しかし僕は、それはとてもステキなものだと思う。
今の大学進学実績に馴染んでいる世代からすれば、以前は筑波大付属が名門で筑駒が二流だったというのは驚きです。
↓ このお歳で大人と論争し、学校まで変えてしまうとは…。すごいです。また、学校の変更を承認されたご両親もすごいと感じました。

「しかし、私は小学校5年生のとき、担任の先生と「犬に魂があるかどうか」について侃々諤々(かんかんがくがく)の神学論争を繰り広げてしまう。」
「「犬に魂がないなんてことを教える学校で、明日から教わる気はない。もう、あの学校をやめさせてほしい」」
確か、松本大さんも小学校を途中で辞めていましたね。やはりイノベーターにはアウトサイダーが多いな。
人生を左右する意志決定の理由がすごい。人とは違うところに驚くほどの拘りがあるのが、イノベーターですね。
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。
三菱商事株式会社(みつびししょうじ、英語: Mitsubishi Corporation)は、三菱グループの大手総合商社である。 ウィキペディア
時価総額
3.69 兆円

業績

株式会社ドリームインキュベータ(英語: Dream Incubator Inc.)は、東京都千代田区に本社を置き、コンサルティング並びに投資事業を行う。堀紘一が2000年(平成12年)に創立。 ウィキペディア
時価総額
151 億円

業績