新着Pick
179Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
堀さんのはじめての友達がユダヤ人だった逸話は、僕の体験(初めての親友)と重なった。

カナダ時代、友達はみな白人のカナダっ子たちだった。住んでいたアパートにわんぱくな三人兄弟がいて、真ん中の子が末っ子をいじめると、今度は長兄が次男を追いかけて怒る。アパートの中庭はちょうどサーキットのようになっていて、そこをぐるぐると走り回る兄弟を見て、カナダ人は激しいなあ、と思った。その長兄は僕より年上だったが、なぜかとてもかわいがってくれた。

そのうちクラスの中で気の合う一人の男の子ができ、ふたりでいつも遊ぶようになった。戦争ごっこが定番だったが、想定はいつも米軍=Good Guyと独軍=Bad Guy。なぜなら日本が登場するとかならず悪者になるので、僕が拒否したから。まだ戦争の記憶が生々しく、敗戦国の子として日本とは何か、日本人とは、と強く意識させられた。

ある日、親友が僕に打ち明け話をした。「誰にも言わないと約束して。僕はユダヤ人で日曜日にはユダヤ教会に行っているんだ。そのことはみんなには内緒。でもきみは親友だから。知ってもらいたかったんだ・・・」。ユダヤ人とWASPとの違いもわからない中、ただならぬ秘密を知らされたことだけはわかった。そして彼の気持ちが嬉しかった。

マイノリティや弱者などが、ある社会の主流からどう思われているか。そのことを、肌感覚として理解できたのは、間違いなくこのカナダの幼少時代があったから。日本人がふつうに「ジャップ」と呼ばれた時代に、カナダ社会で差別を受けていたユダヤ人と親友になれたことで、僕の世界観や価値観はとても豊かになった。
WASPのユダヤ人に対するイジメもすごいが、日本人の中国人や韓国人に対するイジメも相当。

その観点で思うこととして、結局のところ、ここ300年単位で見て成長を続けている国がアメリカしかないというのは詰まる所、個々人の考え方はさておき、国の戦略として多様性を受け入れたからという事で半分以上説明できるのではないかということ。ダーウィンの進化論ではないが、変化が激しい時に生き残るのは適応した者であり、適応する者は多様性の中でこそ生まれる。
戦後日本の回復の早さは間違いなく同質性と一致団結による賜物だが、今後の世界では足かせになってしまう可能性が非常に高い。

そのアメリカでトランプ氏のような人が大統領候補になるというのはかなりの危機的シチュエーション。。。
以前コメントしましたが、私も中学時代に英国の田舎町でネオナチ系の若者に蓋の空いたコーラを投げつけられたのが、一つの原体験です。強制的に視野が広げられました。
色んな方のイノベーターズ・ライフを読んできましたが、学校の話だけでここまで引き込まれる人は初めてかも。なんとも波瀾万丈の学校生活ですね。

日本に帰ってきてマシになるかと思いきや、そこにまたオチがあるのは、もう脱帽です。
「もう飲めないよ、お父さん。お願いだから水を飲ませてくれ」のセリフのところで、爆笑してしまいました。
堀さんの幼少期の話はもちろん初めて知りましたが、ある人が「コンサル第一世代は様々なコンプレックスが原動力になってきた人たちだ」と評していたのですが、そのくらいの強い動機があってこそ、新たな業界ができてきたんだと感じます
戦後間もない時代の話なので、凄まじいですね。あの時代は日本人もアジア系人種をかなり蔑視していたし。
自論ですが、世の中には「差別」と「区別」があると思う。自分が欧州にいたのは30年前で子供も現地校に行ったが、余り差別された記憶は無い。但し民族的区別は別で、「どうせ違う人達」的扱いを受けた事や、裏で「彼奴は違うから」とロクでもないジョークを言われた事は多々あった。ただ感謝しているのは、それ故、打たれ強くなったし、家族で現地に溶け込もうとしたし、何人も友人が出来た。因みに息子が差別で登校拒否になったのは、皮肉な事に日本の地元小学校に編入してからでした。
【第2話】ドリームインキュベータ会長・堀紘一さんの胸が痛くなるような小学生時代のエピソードです。イギリス人に石を投げられ、友達は1人もいない。やっとできた友達は…。
時代とともに常識は変わる。ただただそう思う。教育含め、幼少時の経験の影響は大きいと思う。なので常識を変えるのは難しいとも思う。だからこそ、自分の常識は他の人と常識と一致しないことが多いという前提を忘れてはいけないと、最近の色々な出来事も踏まえて、強く感じる。
まあ頭が良すぎると子供のコミュニティでは良くも悪くも浮きますね。神格化かいじめの対象。

ちなみに僕が海外(西欧先進国)に出たのはすでに大人になってからで、幸運なことに(堀先生的には不幸?)こうしたあからさまな嫌がらせは受けていません。むしろ、日本人の中韓に対する嫌がらせの方が悪質
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。
三菱商事株式会社(みつびししょうじ、英語: Mitsubishi Corporation)は、三菱グループの大手総合商社である。 ウィキペディア
時価総額
3.63 兆円

業績

株式会社ドリームインキュベータ(英語: Dream Incubator Inc.)は、東京都千代田区に本社を置き、コンサルティング並びに投資事業を行う。堀紘一が2000年(平成12年)に創立。 ウィキペディア
時価総額
155 億円

業績