新着Pick
232Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
NPの皆様、いつもお世話になっております。
また、ここでも皆さんのあたたかいお言葉、ありがとうございます。

お話をいただいたときは、私ごときが出る幕ではないとも思ったのですが、これも経験、NPへの恩返しの一環と思って、お受けすることにしました。それにしても、私のグダグダな話をこんなに格好良く纏めてくれるプロのライターとは凄い!と思いました。小野さん、ありがとうございました。

私自身は只のworkaholicな外科医なのですが、これからも皆さんの言葉に励まされながら、眼の前の患者さんの治療に邁進する覚悟です。引き続きよろしくお願いします。

ときどきオフ会にもお邪魔しますので、そこでもよろしくお願いします!
小林先生にはオフ会でお会いしています。文章にはそのひとの人柄が表れるといいますが小林先生はまさにコメントの誠実さと優しさそのままのお人柄。NPの良心のような方です。

どんな話題であれ茶化したり揶揄したりすることなく真正面からコメントされる姿勢はわたしには眩しく感じられます。このインタビューで語っておられるようにきっと医師を志されたときの他者への献身の思いをずっと抱き続けておられるのでしょう。

そんな小林先生とはおよそ真逆のわたしのような野良ピッカーを「オススメピッカー」として挙げていただきまことに汗顔の至りです。

・・えっと、その、精進いたします(-_-;)
小林先生!いつも先生のコメントから大変勉強させていただいていました。消化器外科の先生だということはわかっていましたがどちらの先生なんだろうと思っていました。こうして小林先生のことを知ることが出来てとても嬉しいです。

>仕事のストレスは仕事で晴らす他ないでしょうね。何が一番のストレスかといえば、術後に患者さんの様態が良くならないことなんです。外科医にかぎらず、医師としてはこの無力感が一番こたえます。

小林先生が本当に真摯に患者さんと向き合い、自分の体力も気力も全開で患者さんに注ぎ込んでいるのを感じます。こうした先生が一人いるかいないかで病院(医局)の雰囲気は随分違うと思います。

これからもコメントを楽しみにしています。そしていつかご挨拶させていただければと思っています。そのときはどうぞよろしくお願い致します。
「NPはシマウマロゴが付いた栄養ドリンクの瓶です。その中身は、皆様のコメントに込められた経験・知識、そしてそれを表すココロです。」と見出しを読んでコメントしたくなってしまった~!
個人的にNHKのプロフェッショナルが大好きなのだが、惜しむらくは大体一回に一人しか特集されない。でもPicksではそれ以上に多くのプロフェッショナルに出会える。記事に関連する経験や、その思い。人生は一度で経験できることに限りはあるが、コメントを通して自分が知ることとが出来なかった世界を、プロフェッショナルの方の実体験からうかがえることは本当に嬉しい。
世の中良いことばかりではないし、現実を見ることも重要。でも、不必要に否定的・感情的になりたくないし、それは大部分は表現やTPOによるもの。本当にPicksが「ココロの栄養ドリンク」になること、すでになっている方には一層よいものとなることを祈ってやまない。
バックグラウンドが多様な人たちのコメントが読めるのがNPの魅力。小林さんの外科医の立場からのコメントは、参考になるだけでなく温かみを感じています。

今回の記事で改めて外科医の仕事の大変さが伝わってきました。それを乗り切る体力とモチベーションが本当に必要な仕事ですね。その覚悟を18歳段階で求める仕組みは、できることなら変えたいところです。

そしてNPがストレス解消というのは共感!ワークと連続性がありつつも、ライフの部分でもあり。仕事を終えたあと、なかなか頭が切り替わらない時などはNPで上手くバランスをとったりしています。

これからもコメント楽しみにしています。いつかオフ会でもお会いしてみたいです。
「医者を続けているのは「誰かの役に立ちたい」という思いからなんですよね」というのは正に医は仁術を実践されているということ。本当に素晴らしいと思います。

NP上でのコメントについては「条件反射でパッと書きなぐるよりも、ちょっと考えてからアウトプットするほうが、よりよいコメントが書けると感じます。コメントを投稿し、自分で読み返してみてから、さらに書き直すこともあります。」とのこと。とくに投稿後に自分のコメントを再度読み返し場合によって書き直すというのは非常に思慮の深さを感じます。
ここのところは自分自身見習いたいと思います。

あとはタイトルが秀逸。「NPはココロの栄養ドリンク」とは言い得て妙。ただ、個人的にはたまに栄養を吸い取られているように感じることもあります。荒れたコメント欄を目にした時などはとくに。
小林さんは、5月の神戸空港でのタイガースジェットのお披露目会にもお出で頂きました。いつもありがとうございます。「ワークライフバランスからは程遠く、ワークイコールライフ」とのこと、小林さんのようなお医者さまには頭が下がります。今後の益々のご活躍をお祈りします。
小林先生の真摯で謙虚な姿勢、尊敬いたします。医者をやっているとまわりから先生、先生と呼ばれるうちになんだか自分が偉くなったように錯覚することもありそこがすごく怖い面でもあるのですが、いつまでも小林先生のように真摯で謙虚な姿勢で生きていけたらと思います。今後ともどうかよろしくお願い致します。
小林さんのコメントは、いつも楽しみに拝見しております!

自分も良いな!と思ったコメントや記事内のフレーズは、Evernoteに保存して読み返してます。
「ココロの栄養ドリンク」とは面白い表現です。

コメントのスタンスとして、あえて自分の世界からは縁遠いカテゴリを読む→アウトプットする→知見を広げるという流れも共感です。
わからない分野について無理やりコメントすることを繰り返すと、いつの間にか理解が深まっているということもあります。

オフ会でお話してみたいな〜
あら、神戸のお仲間さん!病気になったら小林先生のとこ行こう。
株式会社ユーザベースは、「経済情報で、世界をかえる」をミッションに掲げる日本のスタートアップ。ソーシャル経済メディア「NewsPicks」及び企業・産業分析を行う人向けの情報プラットフォーム「SPEEDA」などを提供している。 ウィキペディア
時価総額
1,061 億円

業績

この連載について
NewsPicksコミュニティチームが企画した記事や運営からのお知らせをお届けします。