新着Pick
241Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
サムソンが7位に食い込んでいます。色々騒がれつつも、日本メーカーより断然上に行きました。
人気 Picker
毎年恒例、インターブランドによるブランド価値ランキング。財務とマーケティング両面から、ブランドが将来にわたって生み出す利益の現在価値、すなわちブランドによる利益を利子率で割り引いたものの合計を金銭価値化している。その算出方法はブラックボックス化されているものの、唯一ISOに認定された最もポピュラーかつ信頼されていると見なされているブランド価値ランキングである。

ただし、このランキングを見る上で、いくつかの注意点がある。ここで挙げたいのは、そもそもの対象となるブランドの選出だ。対象となるブランドの条件は、①財務評価を行う上で必要な財務情報が公表されていること、②主要地域(日本ブランドなら日本)外の売上高比率が30%以上であること、が主なものである。そして、これら2条件を満たすのであれば、③企業ブランドだけでなく、プロダクトブランドも対象、となる。

特に上記①について注意が必要だ。財務アプローチでのブランド価値算出には財務データが必要なのは当然だが、例えばコンサルティングファームでアクセンチュアは入っているのに、マッキンゼーやPwCが入っていないのに気づいた方もいるかもしれない。それはアクセンチュアが株式会社で各種財務情報を公開しているのに対し、マッキンゼーやPwCはパートナー制に基づく経営形態で、財務情報詳細を開示していないため、そもそもの評価対象となっていないからだ。

また、①に関連して、この算出方法の基本が、株価や時価総額やそれに類する数値から算出する企業価値から投下資本を引いた無形価値が基準となるため、時価総額は拡大する今だとハイテク企業が上位に上がりやすくなるし、リーマンショック直後は金融機関が軒並みランクを落としている。

なお、ユニクロや無印良品がランキングにないのに、ジョニーウォーカーやコロナが入っているのに違和感を感じる人もいるかも知れないが、それは上記②③の条件ゆえである。

かようなブランドランキングではあるが、毎年の風物詩として、定着した感はある。こういうデファクト的な評価手法を確立するというのは、コンサルティングファームの経営戦略ないしブランディング上、極めて重要だなあと思う次第である。
つくづく自動車産業が日本の基幹産業だと感じさせる結果です。
トヨタ、ホンダ、日産。

パナソニックのような弱電も根強いですねー。
ソニーはどうなったのでしょう?
来年は任天堂やSUBARUがランク入りしそうですね。UNIQLOも浮上してほしいが、欧米のプレゼンスが低いために確か対象外とされていた記憶があります。
このブランド価値ランキングは毎年、注目してます。IT系の伸びが凄い。ブランド価値として、facebookが48%増、amazonが33%増。Top10には、Apple, Google, Microsoft, Amazonと並ぶ。
AIの取り組みが評価されたということは、数年後、自動運転時代がやってきても、トヨタは走り続けると認識されたのでしょうね。
業種別でかなり特徴が出てくる中、3位にコカコーラが入るのは凄いですね。ブランド価値を金額換算したというランクですが、衣食は移り変わりが早い中、中々定着は難しいので。
クルマ業界としては、トヨタ、ホンダ、日産のクルマブランドが100位以内にランクインしているのは、誇らしいことです。さらにランクを上げられるよう努力して欲しいものです。
国内の企業ブランドランキングではヤマト運輸が一位だったが、世界ではトヨタが1位なのだとか。やっぱりまだまだ日本代表はトヨタなんだよな。
マーケティングの観点からのブランドというより、意識調査に近い形だと感じます。

ここのランキングに関しても世代や趣向、年収など各階層ごとに分けていく事で、ブランド認知を計る事ができる様になります。

これをブランドのデモグラフィック分析というのですが、消費者のリサーチにおいて非常に重要なポイントです。昨今は欧米を中心にNeuroresearch、いわゆる神経系の学問や、脳科学、心理学、行動経済学を中心にしたブランド認識のマーケットリサーチが注目を集めており、今後マーケットリサーチ分野で応用されていくだろうと思います。

ソーシャルメディアの広がりにより、データの幅と質が広がったので、マーケティング領域も格段に人間科学と密接に関わる様になってきているというのが世界のトレンドです。

ニューロマーケティングに関して
http://www.jmrlsi.co.jp/knowledge/yougo/my11/my1101.html
ビジネスサイズのランキングに対して、ブランドのランキングに入らない日本のブランド構築力の低さは大きな課題のひとつ。
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
27.7 兆円

業績