新着Pick

「阪神・淡路」の借金1996億円完済へ 神戸市

神戸新聞
1995年の阪神・淡路大震災で、神戸市が市民生活に密接に関わる一般会計事業として、倒壊建物のがれき処理や道路整備など都市機能の復旧に充てるため発行した1996
258Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
20年で完済、20年かかった訳で、震災の大きさを改めて認識しました。今後の発展に期待したいです。
人気 Picker
神戸市は福岡市に人口で抜かれるなど衰退傾向にあるが、震災処理に自治体財政が苦しんでいたことも大きい。より前向きな社会資本整備を期待。
名前からして、神の扉を意味する「神戸」。日本標準時子午線も神戸の明石を通っていますし、淡路島は日本発祥の地とも言われている場所です。そんな神懸った地域だけに、震災があったけど、それを絶対に跳ね除けると信じています。ここが廃れるはずがありません。

今上天皇が御譲位されて、京都御所にお移りになられたりしたら、それこそ京阪神の3都の時代到来ですよ。
素晴らしいですね!お疲れ様でした。これからも神戸の街が元気でより魅力的な街になるといいですね。
20年で完済、喜ばしいニュースではありますが、天災の修復に20年は厳しい現実であり、その後も、東日本大震災を含め、か多くの天災被害を被っている。
神戸に物心着いた頃から住んでいる身からすると感慨深いですね。当時は親戚の家も倒壊するような状況で、神戸の中心街はひどい状況でしたが、ここまで立ち直ってきたのは本当にすごい事だと思います。
震災前の神戸の街をよく知るものとして、いろんな意味で、やはりあの地震は大き過ぎた。
かつて神戸市株式会社と呼ばれ、全国の見本であった神戸市役所は、地震で含み資産も吐き出し、国からも天下りを引き受けるなど、苦労をしてきましたが、これで借金もなくなりましたか。市役所職員がやる気があるかが町の発展に大きく影響します。マスコミを賑わす市長は弊害もあります。ただ神戸市民も、その昔関西空港を否定した市長を選択した歴史がありますから、残念です。
神戸は港町という歴史的背景(ストーリー)からも、もっと海外人材を惹きつける都市づくりとブランディングを推し進めながら経済成長して欲しいと願います。
すごい。これからは何にお金を使っていくのでしょう。
阪急阪神ホールディングス株式会社(はんきゅうはんしんホールディングス、英語: Hankyu Hanshin Holdings, Inc.)は、阪急電鉄・阪神電気鉄道・阪急阪神不動産・阪急交通社・阪急阪神エクスプレス・阪急阪神ホテルズおよびこれら6社の子会社を統括する持株会社。阪急阪神東宝グループの一翼を担う「阪急阪神ホールディングスグループ」の中核企業である。 ウィキペディア
時価総額
8,531 億円

業績