新着Pick
122Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本発のDMM VRシアターが世界中に広がると嬉しいな〜!まずは中国制覇ー!
特集最終回は中国エレクトロニクス企業のトップも注目する日本のVRとそれを支えるクリエイターたちの活躍に注目しました。DMM亀山会長キモ入りのVRシアター。そして、日中合作ボーカロイドを仕掛けたクリエイター……まさに「日本人と中国人によるクリエイティブの新しい風が吹いている」。特集を最後までお読み頂きました皆様、取材にご協力くださったクリエイターの皆様、本当にありがとうございました!
これは行かないとダメだな、直感的にそう思います。日本が勝てる分野がここにもありそうですね、面白い。
この劇場すごいんだよね
日本は市場規模が小さい上に変化が遅いから、こういう凄い技術はいずれ真似をされて自然消滅するパターンが多い、だから真似される前に自分達から積極的に海外に出て技術協力していった方が1番賢い選択だよね。
先日アリババがハリウッド界とも協力してコンテンツに力を入れるよう動いていると発表があったので、来年はさらに動きが加速しそうですね。

China's Alibaba, Spielberg's Amblin announce partnership
http://www.foxbusiness.com/markets/2016/10/09/china-alibaba-spielberg-amblin-announce-partnership.html
DMM英会話もVRにならないかな~
この連載について
中国ビジネスのチャンスはクリエイティブジャンルにシフトした。経済成長率二桁台をたたき出した2000年代、世界経済の中心地だった中国。成長が鈍化に転じ、もはや中国はフロンティアではなくなった。と思いきや、映画、音楽、エンタメなどコンテンツビジネスへの投資が集中し、生活の質を高めるデザインへのニーズが高まる。ネットコンテンツ、作曲、建築、VR。クリエイティブ領域で中国に挑む日本人クリエイターはどのように評価されているのか。