新着Pick
91Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
中国版ビフォーアフターのインパクトは絶大のようで、出演した青山さんと藤井さんの運命を変えたようです。文中にあるように、中国のマンションも価格の高騰や住民の嗜好から年々、小型化。そのぶん、サードプレイスを求めるようになっている傾向が今日的で面白い!
すげえな
日本の建築デザイナー、建築家、確かに中国で人気ですねー。迫さんに以前聞いた話では、こんなむつかしい建築してやったで、どーん、みたいな力を誇示するような米国的な建築が以前は流行っていたけれど、だんだん、機能的でシンプル、伝統や景観との調和、使いやすさ、合理的な価格も考える、日本人的なセンスを好む若い人が増えてきたとか。リフォームとか日本人の得意分野だし。地方の官僚はまだまだ、こんなすごい建築物作ったったデー、ドーンみたいのがすきみたいだけれど。
中国で上手に目立てば、人口10倍の恩恵にあずかれるということでしょうか。そう思うと、中国国内でのインパクトはすごそう。
中国人は日本人の事がすごく好きで、尊敬してくれてるんですよ
海外で活躍する方が出てくるのは素晴らしい事ですね。今後のご活躍にも期待したいです。
この連載について
中国ビジネスのチャンスはクリエイティブジャンルにシフトした。経済成長率二桁台をたたき出した2000年代、世界経済の中心地だった中国。成長が鈍化に転じ、もはや中国はフロンティアではなくなった。と思いきや、映画、音楽、エンタメなどコンテンツビジネスへの投資が集中し、生活の質を高めるデザインへのニーズが高まる。ネットコンテンツ、作曲、建築、VR。クリエイティブ領域で中国に挑む日本人クリエイターはどのように評価されているのか。