新着Pick
153Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
2009年以来、2015年は第二のグループ再編と言われていたが、まず、日立キャピタル、日立物流。そして、ついに日立国際か、この10月から、本社がひっこして、日立ハイテクのとなりのビルへ。

日立国際は、装置と映像通信があり、装置はかっての国際電気、映像通信は、かつての八木アンテナ、日立電子。
ただ、殆ど、旧 八木アンテナはない。映像カメラや列車無線、防災無線は好調いい。装置は、日立本体とシナジーが薄く、グローバルな装置大手から人気、映像無線は、日立本体の社会インフラとシナジー大きい。

日立ハイテクは、商社の日製産、医療と、装置。医療に強化中。装置同士では、以前からハイテクと国際はしてきされていたが、カラーがやや違う。

これが、他の装置にも、波紋、もっとビックリもあるかも。

日立国際は外資から人気。TELがAMATと一緒なら経産省も懸念だったろうが、TELがいるなら、ありうる。ただ、装置だけ売れば、残りの映像無線は利益がすくなく、シナジーのある日立が引取りもあるが、①上場廃止、②防災無線や監視カメラ、映像カメラなど独特のもある。そこで、以前の提案は、建機や国際、産機、ハイテクなどプロダクツ系を大統合する案。
これら合計すれば、1兆円規模、OP1000億円くらいになる。建機もシナジーあり。
残るは、御三家(今は2つ)だろう。

http://www.circle-cross.com/2015/10/29/2015年10月28日-日立の説明会とグループ再編への私案/
http://www.circle-cross.com/2016/02/05/2016年2月3日-日立の更なる進化に期待-下方修正の中でグループ再編/
日立は、経営危機と言われた時期に、いち早くノンコア子会社・孫会社の売却を宣言し、実行してきた。その時に掲げた削減目標には達していないものの、一気にV字回復を遂げてきた。英断だと思う。なお、日立Gに多い親子上場については、コーポレートガバナンス上の問題が多く、是非引き続き見直していかれるといいと思います。
のんびりした話やなぁ。損失出しまくって2009年に資本増強に追い込まれ、その直後はちょっとマジメに事業再編をやったものの、少し外部環境が改善すると途端にのんびりモードに。2009年にはすでにノンコア事業に位置付けられていた日立物流と日立キャピタルは今年になってやっと佐川急便と三菱UFJリースに一部売却。のんびりし過ぎでバリューエーションはガタ落ち
半導体製造装置再編の波の継続?日立グループでは、日立ハイテクも半導体製造装置を手掛けているので、そこも併せて気になるところ。
日立国際電気は日立ハイテクとともに、川村・中西改革の時からずっと再編対象でした。特にアナリストやメディアから指摘されてきたのが半導体製造装置。ただ国際電気の通信系の事業は、本体のIT部門とのシナジーというか日立が注力する社会イノベーションに関係するので、会社丸ごとの売却はないと感じています。グループ会社の再編に踏み込むことは十分ありえますが。
東原さんがCEOになって日立はもっともっと事業構造改革を進めないといけない(収益力の向上)。個人的にはやや停滞していると感じますが、昨日の日立建機のM&Aといい、社外取締役が多くなった取締役会などからかなり執行側にプレッシャーがあると思います。
日立は日本メーカーで唯一ソフトウェアでも戦える会社だと思っています。

無線・映像システムの機器製造は技術の標準化が進み付加価値がほとんどないと思います。業界で競争優位に立つためには、規模化(低コスト生産体制の確立)が必要ですが、規模化での競争は例えば台湾企業に譲るということでしょう。

そういう意味では、市場成長率が期待できる、デジタル化(ハードからソフト?)に注力することは堅実な戦略だと思います。
日立って、日本版GEみたいな会社だよな。
超大手企業なのに、意思決定も早いし時流を読むのが上手い。
企業規模が小さくない上場子会社を複数保有している企業の財務報告書には、包括利益を除いて、「他人=子会社の少数株主のもの」がその企業のもののように含めて表示されているので、実態の理解と分析は簡単ではない。

早く、二重上場という歪みは解消された方がよい。
株式会社日立国際電気(ひたちこくさいでんき、英語: Hitachi Kokusai Electric Inc.)は、日本の大手電気機器メーカー。 ウィキペディア

業績

株式会社日立製作所(ひたちせいさくしょ、英語: Hitachi, Ltd.)は、日本の電機メーカーであり、日立グループの中核企業。世界有数の総合電機メーカー。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
4.39 兆円

業績