新着Pick
83Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
面白い組み合わせです。
人気 Picker
「デザイン思考」は注目はされてるけど絵に描いた餅というかビジネス研修で終わっている(成果があまり出ていない)のが今の日本の現状。IDEOはさすがというか、うまいところに目をつけていると思う。
IDEOの創業者トム・ケリー氏の言葉が興味深い。

「日本はジョブズがHP(Hewlett Packard)で働いていたウォズに出会った状況に近い(中略)日本の大企業にはウォズが埋もれているが、それを開放していかないと行けない。」

個人的な経験に基づく印象で恐縮だが、日本の大企業でキャリアをスタートし、米国西海岸企業で働いてきた経験からも、極めて的を射た指摘に思う。

日本人の技術を尊重し完璧さを求める気質は、GoogleでもTwitterでも米国の経営層も認めるところだった。しかし、一方で面白みに欠けるのも、また事実だ。その「面白み」やクリエイティブジャンプを可能足らしめるのが、いわゆる"Design Thinking"なのかは議論の余地があるが、日本がまだ未知の可能性を秘めているのは事実であろう。

私個人は、いわゆる"Design Thinking"は、ジョブスのクリエイティビティに代表される暗黙知を形式知化した極めて日本的なものと考えている。すなわち、Zero to One的なジャンプを生み出すものではない。しかし、だからこそ、可能性を秘めながら停滞したままの日本の技術者や起業家が、ジャンプに向けたホップ・ステップを覚える良い機会になるのではないかと期待する。

追記:おそらくモデルとしては、Boston Consulting GroupのBCG Digital Ventureを意識した形になるのではないかと想定しています。
「左からトム・ケリー氏、高野真氏、谷家衛氏」とな。
これはスタートアップから人気が出そう!高野さん、谷家さんならではのタッグ。
「出資比率はGenuine Startupsが60%に対して、IDEOが40%となる。会長にはIDEO共同創業者のトム・ケリー氏が、CEOには高野真氏が、COOには伊藤健吾氏がそれぞれ就任。ファンディングパートナーは前述の3人に加えて谷家衛氏、IDEOディレクターの野々村健一氏の計5人。これに加えて、ソニー元CEOの出井伸之氏、ハリウッド俳優でプロデューサーのマシ・オカ氏がエグゼクティブアドバイザーとなる。」
何やらボスたちが動いていらっしゃるな、、と思っていたら、この発表!
とても面白そうな組み合わせに大期待!
ベンチャーキャピタルとデザインコンサルの統合。面白い流れになってますね!
全く関係ないですが、トム・ケリーってこんなにデカイのか・・と思いました。
谷家さんは、次から次へと面白い仕掛けを作っていきますね!
デザインの重要性は非常に重要ですね。人が理解できる許容量は脳内で限られているので、海外展開では言語以上の翻訳が必要になります。

それは文化、宗教など様々なもの包括的に含む必要があるのですが、その一つの解決策はデザインですね。

チャネルが世界に開かれてオープンになった今、世界に出るチャンスだと思います。
ファンド規模、主な投資領域の2つが書かれていないので何とも言い難いですが、

・IDEOが日本での投資対象企業・起業家へのサポートをしてくれることでの期待値は高いです。
・せっかくなら「日本ならでは」で「デザイン思考」が活きそうな領域に投資してほしい
・日本ならでは、となると「モビリティ」「バイオ」「医療」かな。
・でもせっかくならスマートシティ領域とかやってほしい