新着Pick
58Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
10月1日発足の、アセットマネジメントOne。預かり資産(AUM: Asset Under Management)100兆円、営業収入1000億円ってことは運用報酬が10bpsになるのだが…投信とかはもっと高い中で、これはよりパッシブハウス化を目指すという解釈であっているのだろうか?
でもパッシブハウスであれば、記事で触れられているように価格競争力が重要だし、その観点では統合によって人員削減などが必要になってくるのではないだろうか?
パッシブとアクティブの両方をやっているところではBlackRockが代表格。2015年12月期のアニュレポを見ると、目分量で1/3弱がアクティブ、AUMが4.6兆ドル、営業収益が114億ドル、運用報酬比率は約25bps。
なお、エンゲージメントについては、パッシブ運用は基本的にはαの差がでないように運用するものなので、運用報酬を上げるためには資産クラス全体が上がる必要がある。その観点で、パッシブはより強化していくと思うし、そこにアクティブに見る人たちが個別事象をより深く議論するという形で、アクティブ・パッシブの両面から強まっていく方向になっていくと思う。一方で、パッシブ運用者がエンゲージメントをした場合、他社もやっているので、そのリターンの源泉・寄与が自社要因だったという説明はしにくい。やるのが前提・コスト的な発想になりそうで、そのなかでどれだけ積極的にエンゲージしていくかというインセンティブ整備は工夫が必要だと思う。
対話する900社の多くはアクティブでもどうせ接点がある会社が大半を占めるのではないでしょうか。これだけ人員がいればそんなに大変なことではないと思います。私一人でも年間150社ぐらい会いますからね。費用負担は別問題だけどね。
パッシブ運用においても議決権行使は重要です。一方で、対話によるエンゲージメントは、これまでのパッシブ運用には無かった機能であり、そのコストは投資家負担になるはずですが、そうした方向になるのでしょうか?
個別株の売却という選択肢がないパッシブ運用でエンゲージメントに力を注ぐ結果生じるコストを投資家が負担するということであれば、コストに見合う運用パフォーマンスが挙げられるのか、またそれをどのように測定するのか気になるところです。
日本の資産運用会社で手を組みブラックロックのレベルを目指すということですね。
時事通信には「日本の投資家に一番ふさわしい商品を作ることができる」と西社長。
期待しています。
https://newspicks.com/news/1811036
真剣にやると運用会社の親会社と投資先企業の関係が微妙ではある。オープンにやるなら、やらないよりは、やるほうがいいというくらいに見ておくといい。
株式会社みずほフィナンシャルグループ(英語: Mizuho Financial Group, Inc.、略称:MHFG)は、東京都千代田区に本社を置く日本の銀行持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
4.34 兆円

業績

第一生命ホールディングス株式会社(だいいちせいめいホールディングス、英称:Dai-ichi Life Holdings, Inc. )は、日本の金融持株会社。2016年10月1日に第一生命保険グループが持株会社体制に移行し、第一生命保険株式会社から商号変更した。 ウィキペディア
時価総額
2.21 兆円

業績