新着Pick

10月1日更新:高濱コラム『パートナー』 - 花まるコラム

www.hanamarugroup.jp
10月1日更新:高濱コラム『パートナー』 - 花まるコラム
148Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「障がい者は必要ないのか」という問いへの回答を書きました。
毎月のコラムです。「NPに載ってるよ」と伝え聞いて今見て驚いています。
一人ひとりに偏差値をつけてクラス分けする社会の中で、みんなが育てられ生きてきたので、彼らのことを「施しを与えるべき可哀想な人」だと思っている人も多いのでしょう。
「知っている人は知っていますが、重複障がいを持つ子の親たちは、いつも幸せそうに笑っています」
それはなぜか。
花まる学習会の高濱正伸代表が書いたブログは、津久井やまゆり園事件の犯人の言葉に対する回答です。
自ら重度障がい者のお子さんを持つ高濱先生ならではの綺麗ごとではない、そして深く骨太で、そして暖かい考察は必読です。
なぜ、この社会に多様性が必要なのか。その答えでもあります。
「パートナーとしてカチッと組み合わさったとたんに、二人で一つの大きな力となった。もっと言うと個人としては何もできないように見える息子が、ダメダメ人間の私を立て直し、無限大のエネルギーを注入してくれたのです。」

私の妹の子どもも障害を抱えて産まれ、3歳になった子どもは知的・身体的障害がありながらも、まだ病名も分からないまま治療を続けています。

辛い時期もあったようですが、確かに妹はいつも笑顔ですね。そして、彼女たちを見る度に、私も元気をもらっています。
心打たれました。高濱さん本当にありがとうございます。
私自身子供から教えられることは本当に多いですし、子供がいなかったら今の自分はなかったと断言できます。
家庭も仕事も社会も同じだと思います。パートナー力。とても大切なことですね。人間完璧な人はいませんし、周りの人から影響を受けて頑張れることはとても多いと思います。そのことへの感謝の気持ちがお互いを尊重する気持ちに繋がり、より大きな力を生むだと思います。
個人だけで成立していることはとても少ない。社会がどう成立しているかを、俯瞰するうえでとても重要なことだと思う。
必読です。
多様性とは何かを考える上で必読の記事。外国人労働者や女性の働く環境を整えることだけが多様性ではない。
一人一人を機能として捉えた考え方は多様性ではないと思います。

どんな人であれ、相手を尊重する気持ちを持てると多様性が成り立つはず。
2回読ませて頂きました。

気持ちよく泣けます。
勇気が出ました。

ありがとうございます。