新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

100Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
少子高齢化で需要増が見込まれる看護と介護は、人出不足や定着の問題がある分野。外国人での対応について「NewsPicks世論」でも大きな関心が示されました。

※263Pick
『外国人看護師・介護士、難しい定着「もう疲れ果てた」(朝日新聞)』
https://newspicks.com/news/1785188
(無料登録して全文読む価値あり)

様々な発展のあり方をみせるアジア諸国を歩き回りながら、「体感×データ分析」を重視して、外国人看護師・介護士の将来について考えました。

この記事にプラスして、下記の2つの記事を読むと、課題がより立体的に見えてくるはずです。

「アジアが迎える高齢化リスク」
https://newspicks.com/news/1581931
「外国人家事労働者に出産を認めないシンガポール」
https://newspicks.com/news/1594541

なお、しばらくの間、「NewsPicks世論」で関心が集まるASEAN諸国が関連するテーマについて掘り下げる記事を積極的に書いていきます。

追記:皆さん、ありがとうございます。全てのコメントに目を通しています。日本関連の記事では「日本disり」や「上から目線」にならないよう心がけています。データや事実関係に基づきながら、自分が経験したことを、ー絶対化に細心のの注意を払いながらー、相対化することで、ASEANという隣人を通じて伝えられるメッセージがあるのでは、と。

追記2:神山晃男さん、ご指摘をありがとうございました。本文中の「超高齢化社会」を「超高齢社会」へと訂正しました。
このタイトルの視点はとても大事。
日本人の多くは
「給料いいし、治安も良い日本に来られて幸せでしょ?」という感覚かもしれませんが、言語も特殊でまだまだ閉鎖的なこの国に「来ていただけるのか」という視点をもってもう一度日本を眺めてみる必要があると思います。
この問題は「日本」という大きな括りよりもまずは「東京」に限定してモデルケースを作り、その後に地方展開したらどうだろうか?

記事中のデータでは日本の経済力が相対的に劣るように示されているが、東京に限定すれば首位のシンガポールとGDPは同水準。

東京都は財政的余裕もありモデルケースへの投資は政治判断次第で可能。

外国人に対する精神的な受容性も地方より高く絶対的な人口密度が高いので外国人同士のコミュニティ形成も比較的容易。何しろ東京の人は大量の地方人という「外様」を受け入れてきた。

などの理由です。小池知事、これ、やりませんか?

東京とシンガポールの1人あたりGDP、どちらが大きい?
http://uniunichan.hatenablog.com/entry/20151230GDP
日本のノリについてこれるのはタフな中国人と韓国人くらいかもしれない。
ベトナム人とかタイ人が来ても彼らの良いとこである能天気さとのんびりさが損なわれてしまう気もします。。。
日本の中にも「ここで働きたい」と沢山のフィリピンの方から応募がある介護施設などがあり、取材したことがあります。
そこは外国人介護士に対して、文字で書かなければいけないところを◯✕のような記号に置き換えたりする工夫をしたり、家族の一員のような待遇をしているということで、在日フィリピン人のコミュニティで口コミが広がったのだとか。

これから国外の外国人の方を惹きつけていくためには、何より、国内で働く彼らに地位を与える。
そして、彼らの中からリーダーを育成すること。
たとえば、外国人介護士のロールモデルを作って、彼らの地位を上げられるように制度も整えていくこと。
そして、内側から海外に向けて、「日本はどうやら働きやすいようだ」、そんな口コミが広げていくことだと思います。
現状のデータと課題がとてもよくわかる記事で勉強になりました。そして、筆者の方が、「記事を執筆するために様々な資料を探し、データを解析していくなかで、答えの無い迷宮に迷い込んだ感覚になった。」と書かれ、そこに「少子高齢化社会ではこれまでの物差しでは幸福度を測れない時代が来るのかもしれない、と感じることもある。」とつなげているところには大変共感します。

私が働く病院では第一期生から外国人看護師候補者を受け入れています。記事で触れられている高度な日本語能力が求められる問題に始まり、文化的、宗教的、そして病院看護師という少し特殊な組織に入り込まなければならない(日本人看護師が普通に病院を変わっても馴染めず退職するケースは非常に多い)など、同僚として友人として間近でその苦労を見てきました。そして、第一期生で看護師試験に合格した優秀なその友人が今月末、家庭の事情で帰国となりました。彼のFacebook記事のプライバシーが公開となっているのでご紹介させていただきます。
https://www.facebook.com/rofik/posts/10209138615840642?pnref=story

感想文的なコメントで失礼致しました。当院ではこれまで10名弱の受け入れをしてきていますが、看護師資格を取得出来た者は2名で、今回で2名とも帰国となりました。現在、候補者1名が資格取得向けて看護助手として働きながら頑張っています。日本が選ばれたとしても、外国人看護師受け入れが超高齢化社会への対策として切り札となるには課題は多いと感じます。
せっかくの問題提起なので、あとでコメントをします。

(追記)
大変遅ればせながら、感想を書きました。まだ途中段階ですが。。
https://newspicks.com/news/1815238
川端さんのレポート内容は素晴らしいので、とても勉強になりますし、事業者として反省もしております。
必要な技能を持った人材だけを受け入れたいという身勝手な労働者受け入れ姿勢を、よく考え直すほうがいいと私は感じます。日本で働きたいと言ってくれる人なら、どこから来たどんな労働者でも受け入れるという姿勢でないと、本当にいい労働者は来てくれないと、私は感じます。たしかに労働者不足を外国人労働者で埋めるのはひとつの解決策でしょうが、お互いにハッピーになれるように受け入れたいですよね。
大事な視点。
言語の壁が少なく、多様性を受け入られ、賃金が高いシンガポールなどの国のほうがもはや働く場所として魅力的なのだろうと感じています。「働きたい国、日本」にするにはどうしたらいいのか。本気で考える必要があると思います。
小泉ジュニアが「少子高齢化に悲観せずに...と言って拍手喝采を浴びたようですが、ここから端を発する看護/介護の問題、アセアンからの労働力受け入れなど全てまさに迷宮入りです。悲観どころか諦めですね。
私も含め「滑り込みセーフ」の老人たちに国政を任せているからこうなるのでしょうね。
本当に痛みを感じる世代が(残念ながら)何かを捨てる覚悟でドラスティックな対策を打たないとアカンでしょうね。(申し訳ないです)

ちなみに私インドネシアに9年も住んでいましたので、専属でインドネシア人介護つけてもらっても全然構いません。むしろ日本人よりも心細やかで優しいのでウェルカムです。高コストの日本人を使わない介護老人になれますので。
この連載について
高い経済成長を実現し、世界中から注目が集まるASEAN(東南アジア諸国連合)。インドネシア、タイ、シンガポール、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、ベトナム、カンボジア、ブルネイ、ラオスの10カ国からなる成長マーケットは今、どのような状態にあるのか。シンガポールに駐在するASEANエキスパートが旬な話題を現場から解説する。