AIは手品だ。神話の”ウソ”をぶった斬る

2016/10/3
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。彼らは今、何に着目し、何に挑もうとしているのか。連載「イノベーターズ・トーク」では、毎週注目すべきイノベーターたちが、時代を切り取るテーマについて見解を述べる。
第46回は、日立製作所 研究開発グループ技師長でNewsPicksのプロピッカーでもある矢野和男氏と、中央大学総合政策学部教授で米国ニューヨーク州弁護士の平野晋氏が登場する。
矢野氏は、ビッグデータを前提とした新時代のAIの本格開発を進めるAIの専門家だ。片や、平野氏は、米国ニューヨーク州弁護士時代からロボット政策などについての豊富な知識を持ち、現在は、総務省の有識者会議「AIネットワーク化検討会議」の座長代理として、人工知能等の開発問題を検討している。
そんな2人が、「AIと倫理」というビッグイシューについて、討議するーー。
企画の発端は、2016年3月米マイクロソフトが開発した人工知能「Tay」が一般人との会話のなかで、「ヒトラーは悪くない」といった趣旨の発言をして、急遽、実験が中止になった出来事だ。
なぜ、Tayは、ヒトラーを擁護するような発言をしたのか?