新着Pick
526Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
大学の数が多いか少ないかはどうでもいい問題でしょう。
純粋に民間資金で運営されるのであれば、どれだけあってもかまわないと思います。

ところが、日本の大学には補助金という血税が投入されているのです。
文科省の役人が「少ない」と考えるのは当たり前。
補助金投入先である大学は大切な「天下り先」ですから。

だから、国民の血税を投入する価値がある所には投入し、そうでない所には投入すべきではないのです。
司法試験合格者ゼロの法科大学院にも相変わらず投入されているように、湯水のように血税の垂れ流しがなされています。

大学設置は広く認めつつ、補助金豆乳は絞り込むというのが「公」としてあるべき姿でしょう。
補助金投入を受けなくとも、教育と経営で実績を上げて入学志願者が押し寄せる大学こそ望ましい姿です。

「be動詞」から教えている大学への補助金を早々に打ち切って、給付型奨学金の創設や幼児教育にあてるべきでしょう。
将来の社会を真剣に考えているのであれば…。
「主張が対立している」という主張そのものが驚き。自らの生き残りの為に海外と比較してもなあ。

大学も多すぎるし、大学生も多すぎる。
勉強だけでもダメだが、勉強する気のない奴はとっとと働け。

特に東大慶応早稲田あたりの調子に乗っている学生は本当にクソ。そして、そうしたブランドやラベルに騙されて持ち上げる周りもクソ。

今、女子大で教えていますが、皆さん真面目で、何をやれば良いのかわからないだけで、課題設定をすれば積極的に勉強してくれます。そして、いずれは自ら問題設定をして、自ら解決していける、そんな人になって行って欲しいです。

追記
数より質と言いますが、皆が入れるようになって競争がないから質の低下を招いているのであって、数量で規制するしかないかと。

企業が高卒を取るべきと言いますが、一見正論に聞こえますが、それは自然発生的には起きませんし、国が指導すべき事ではないです。認可事業である大学法人に指導し規制をかけられるのは国だけかと。

グラフは専門学校入ってないなら詐欺グラフじゃないですか。

追記2
例の文言は反省して消しました
今年、息子が受験だったので、いろいろ調べてみたが理工系の学部に比べて文系の学部が多すぎる。
すでに飽和状態であり、少子化に伴い、淘汰が始まるだろう。
政府には理工系の学部を増やす努力をしてほしい。
日本のコアコンピタンスは製造業にあり、その人材を育成する学部を増やす努力が急務であろう。

日本の大学進学率がOECD諸国の平均より低いのは、以前から出口治明氏の著作などで述べられているが、製造業が基幹産業なら、それは決してマイナスではない。
それよりも専門的な理工系大学・短大・専門学校を増やすべきだろう。
その点、学部や学科を細分化してスペシャリストを育成している日大の取り組みなどは評価に値するだろう。
大学の数の問題と進学率に基づく学生数の問題は、少し切り分けが必要です。大学が多すぎるという指摘は、そのために入学が容易になり、大学レベルでない学生が多く生じているという問題意識と解すると、まず何故これほどに進学率が上がり学生数が増えているのかに切り込む必要があります。

進学率については、記事にも出てくるマーチン・トロウによるトロウモデルを前提に2000年前後に議論がなされました。

大枠で言えば高等教育への進学率が15%までのエリート段階、15〜50%のマス段階、50%を超えるユニバーサルアクセス段階に大別されます。マス段階で高等教育が大衆にも開かれ、日本では団塊の世代がここに当たります。ユニバーサルアクセスでは誰もが学べる場として開かれたものとなります。

このユニバーサルアクセス段階に日本が入ったのが2000年代初頭。そのため先行していたアメリカなどをモデルに高等教育を再構築しようとしました。誰でも入れるアメリカのコミュニティカレッジの形もこの時期には想定されていましたが、結局日本では同様の分類は広がりませんでした。その結果、意識はエリート段階のまま環境だけユニバーサルアクセスに突っ込んだ状況になりました。

この意識と環境のギャップが、現在の課題です。果たして意識に合わせて大学を組み替えるか、あるいは環境に合わせて意識を変えるのか。

なお、大学数は半分にしても上記の課題は残ります。小規模大学からなくなると仮定して600弱ある私立大学を300にしても、定員は2割程度しか減りません。補助金も規模にほぼ比例するので大きく削れるわけではありません。進学率と学生数。これを国としてどう考えるかが鍵になります。
日本が51%のグラフは、専門学校をいれてないから。
他の国は含まれてるのに。
進学率はただの見せかけ。

大卒の価値をあげるには、まず高卒の価値を上げることが先だと思う。

高校の卒業基準をもっと厳しくすべきじゃないかな。

(追記)
教育は繋がって考えるべきものだと思うけど、高校の数や高卒の基準について言及せず、大学だけを見ている人が多いのには違和感を感じます。

高校にも税金がそれなりに投入されているのに。

「高校であまり勉強せずに卒業後就職」

「大学であまり勉強せずに卒業後就職」

を比較しているので、大学がいらないという主張が多いのではないでしょうか?

となるとそもそも(義務教育でもないのに)学校は勉強しないものと捉えている社会がズレていると思います。
多すぎる。ってか殆ど存在意義なし
薬学部等国家試験が控えている学部の場合は、卒業には意味がなく、国家試験合格率が1割、2割では大学は詐欺に等しいことになりますから、わかりやすいです。看護学部も同様でしょう。それに比べて、文系は国家資格が対応しませんから、大学も面倒で卒業させてしまうのです。従って、共通一次と同様、卒業試験を国が行えば、安易に大学を作らなくなるのではないでしょうか。
今後の日本は、特に文系分野ではリベラルアーツを駆使して自ら思考できる人材が必要である。問われるべきは大学の数ではなく、法律、経済や歴史などを学び、それを用いて思考トレーニングができる場所があるかどうかだろう。

私は大学で経済学などを教える機会があるが、文系の人の中には経済のようにロジカルに考えるのが苦手という人も珍しくない。世間的に一流と言われる大学の学生ですら、経済学の基礎理論すら理解できない者がいるというガッカリするような現実がいまだにある。これは今に始まったことではないのだが…。

日本のような国では人的資源は貴重である。人的資源開発を怠った国の末路はどんどん貧しくなる哀れなものになるだけだ。大学の数ではなく、内容面で思考トレーニングに相応しい場所になることが望まれる。
僕は元商業高校生ですが、高卒の求人を見てその選択肢の狭さに驚き、かといって大学4年間は長いなという理由で2年間の専門学校を選びました。
あとプログラミングもしておきたかったので、情報系です。
荘司先生のおっしゃるとおり。
民間企業なら勝手にやってくれていいが、
補助金だけでなく、固定資産税の減免などの税制上の優遇もある。国庫からの歳出、税の減免によるうべかりし歳入を考えても維持する必要があるかの問題。