新着Pick
362Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
そう。堀江貴文イノベーション大学校ではカルピスの原液の作り方が実践から学べます。少しずつですがみんな上手くなってる
原液を作れるかどうかという話は、会社だけではなく個人についても通底することですね。

教育についても書かれていますが、テクノロジーが導入されていく中で、まず高等教育の在り方というのが今後更に活発に議論されるのではないでしょうか。
堀江さんの「もっと遅く生まれていれば、僕はたぶん中学校も行っていない」というご発言がものすごく印象的。トークは話題のメリー喜多川さんにまで発展して…目が離せません。
個人的には今一番NewsPicksで面白いと感じている連載です。

ここまで言いたい放題言ったら、これはもう痛快としか言いようがない。
きっとみんな心のどこかで感じているけど、でもそこまでは言ったらヤバイでしょ、あるいはそれは極端だろう、と心のどこかでブレーキをかけている言葉のオンパレード。

一服の爽快感と同時に、確かに今の状況って少しおかしくないだろうか、という思考の発起点にもなります。

次回も楽しみですね。
堀江さんがそこまで理解して行っているのかはわからないけれど、これまで数年間、AO入試枠が拡大してペーパーのテストでは成績が取れないけれど、ある程度人当たりと要領がよくて、バカ高い塾の推薦入試講座に何十万とポーンと払える人たちが入学していったように感じる。最近また変わってきている気もするが..。→"最近、慶應がけっこういい感じになってきたのはそこじゃないかな。ちょっと頭が足りないボンボンと頭のいいやつが友達になるよう、うまくマッチングされている。"
カルピスの原液の喩えは面白いですね。
WEBサービスは、二番煎じが多く、ほとんどが薄めたカルピスのようなものだな・・・
これから必要になるのは、カルピスの原液をつくれる人材であり、そんな人材は既存の大学システムからは生まれてこない。

保守的で権威に守られている組織はなくならないけど、次の時代をつくるアイデアやサービスは、組織の周辺から生まれてくる時代になるのだろうな。

堀江さん、康さんのようなアウトサイダーの視点は持ち続けたいです!
発信力の強い方の凄さと怖さを感じます。すべてが面白「そうな」ネタに設えられる。
ジャニーズさんや吉本興業さんに、テレビや劇場以外で接する人はほとんどいないわけですから、外野の私たちは、何を言われても「そうなんだあ」と感心するだけでしょう。その理解が次第に伝言ゲーム化して、社会の「常識」になる。こうなるともう仮想真実が構築されてしまいます。
ICT社会の素晴らしさと恐ろしさ。
ただ、講釈師は永遠です!
起業家を沢山見てて、日本の教育というか、同質化教育が、起業家のポテンシャルをスポイルしている部分を沢山感じるんですよね。もはや、文字なんて手でかけないでいいし、四則演算なんて、機械がやりますよ。正確に正確にできる練習なんて必要ない。それより色々なものの因果関係とリーダーシップ。課題解決から様々な表現手法、つまり、実際に作れる能力、を養ったがいいですよ。
↓これほどまでに「当たり前を疑える」ことのすごさを感じます。ゆるやかに、でも確実に、教育
のあり方は変わる、と改めて感じました。

「堀江 もっと遅く生まれていれば、僕はたぶん中学校も行っていないと思いますよ。
実際うちのオンラインサロンに、中島芭旺くんという不登校で自宅学習している10歳の子がいるんです。…。
彼の本は今、すごく売れていますよね。でもこれからはそういうことが普通になってくると思う。中学校に行かないからって罰則はないですからね。
だから、行かなくていいんですよ。教育の義務とか言っていますけれど、あれ本当は憲法改正しなきゃいけないと思う。労働の義務とか教育を受ける義務とか、必要ないんじゃないかな。」
いやー、これはおもしろい。その通りで、人は死んだらダメで、会社も潰れたらダメ。その違いは大きいけど、意外と重要視されていないと思うんですよね。
この連載について
昭和。それは、古臭くなりつつあるが、日本が未曾有の成長を遂げた偉大な時代でもあった。昭和に生まれ、今なお活躍する“怪物”たちは今何を考えているのか。現代のイノベーションのヒントを“昭和の怪物”に学ぶ。
吉本興業株式会社(よしもとこうぎょう、英語: Yoshimoto Kogyo Co., Ltd.)は、大阪府大阪市中央区(登記上の本店)と東京都新宿区に本社 を置く、マネジメント、プロモーター、テレビ・ラジオ番組製作、演芸の興行等をグループで行う吉本興業グループの持株会社。通称「吉本」、「よしもと」。 ウィキペディア

業績

株式会社リクルートホールディングス(英語: Recruit Holdings Co.,Ltd.)は、求人広告、人材派遣、人材紹介、販売促進などのサービスを手掛けるリクルートグループの持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
5.80 兆円

業績