新着Pick
508Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
成果主義と言いつつ平均で見ると給与下がってて、だったら成果じゃなくて普通に年功序列で上がって、最後まで働けるっていいじゃんと、過去を美化してみている感じがあります。ようするに、経済不安と先行き不透明感が如実に表れた結果に見えます。
人気 Picker
もともと年功賃金の合理性は、経験年数と共にスキル習得が進み、能力と貢献が拡大して行くことにあった。

しかし、90年代以降、職務遂行に必要な知識や特殊スキルのレベルが高度化したため、誰でもが長く勤めていればそうした知識やスキルがつくわけではないという状況になって、給与に占める年功給部分は縮小された。

こうしたいきさつを踏まえると、年功が実力と相関している状況においてのみ成立するわけで、この記事にあるように若い人達までが年功給をを望むのであれば、年功に違わないだけの実力を養う必要がある。

逆に、実力を養うこともなく、ただ会社にしがみついて実力を磨くこともなく、徒らに年功を積み上げさえすれば自動的に給与が上がる制度を望むのであれば、そんな会社はすぐに潰れます。
「成果主義」という名の下に賃金が低レベルで凍結されてしまったことへの反発でしょう。
生涯賃金の増加を切に願っているというだけのことでは。若者が保守主義に走ったというのとは違う気がします。
若い世代にも年功給が支持されてるというのは、「全く若いのに保守的、スキルを磨く気のないぶら下がり精神でけしからん」的なニュアンスで報道されますが、他の方のコメントにもあるように「賃金あげろ」という叫びなだけと思います
おじさんたちの給与が高く維持される一方で若年層の給与水準は下がり続けており、「成果主義」はそのためのツールになってきた背景があります
多くの職業では最初の10年くらいは仕事を覚えていき、多くの人の生産性があがりますので、本来的にはそこではしっかり給与を上げ、その後は本当に進化し続けないと上がらなくなるというのが、多くの職業での本来的な成果給、年功要素入り、という気がします
年功賃金と「同一労働同一賃金」は、相反する面の方が大きいと考えます。

経験年数を重ねることによって「労働の質」が向上するのは、入社後5年〜10年くらいまでの間でしょう。
「限界効用逓減の法則」のカーブみたいに、10年をすぎればほとんどフラットになってしまいます。

しかしながら年功賃金は10年後も上がり続けます。
若い年齢の時に安い給料で働かされて搾取された分を、今後は搾取する側に回るからです。

同一労働同一賃金は、年功賃金制が持っている「搾取される」と「搾取し返す」という構造を破壊するものです。
(この構造は故森嶋通夫教授が提唱したもので、仕事ができないのに高給を得ている中高年層の存在理由を見事に説明しました)

若い世代が年功賃金を支持しているのは、今現在「働きに見合った給料」をもらっていないと感じているからだと思います。
上の世代と比較すれば容易に理解できますよね。
おそらく、今現在「働きに見合った給料」をもらえれば、年功賃金に拘泥しないのではないでしょうか?

政府が「同一労働同一賃金」を推進するのであれば、まず若年世代の現在の給与を「働きに見合ったもの」に変えていく努力をすべきでしょう。

経営者は自社のROEを気にして人件費総額を増やそうとはしないので、弱根世代の取り分を増やすためには年長者の取り分を減らすしかありません。

年長者の反発を抑える気構えがなければ、同一労働同一賃金の実現は不可能でしょう。
どんな制度にも功罪というものがあります。

年功序列の素晴らしい点は、雇用が安定しているからではなく、将来地位や賃金が上がることが、予め保証されている点にあります。

特に、職業スキルによって給与が決まるジョブ制と比べ、有為なスキルや職業経験を持たない若者にとっては有利な制度で、日本の若者の失業率が低いのは、年功序列制度の残滓のお陰でもあるのです。

又結婚や育児など加年による支出の増加に給料もほぼ連動して上がる為、自らキャリアアップの為転職を繰り返す必要がなく、安心して長いスパンで自己の成長を考えていけるというメリットもありました。

こうしたメリットを考えれば、若い人ほど年功序列を支持するのは、ある意味当然でしょうね。

ただ、この制度は当たり前ですが、継続的な企業成長が保証されていない状態では維持することは不可能です。

日本でさえ、本当に終身雇用と言える時期は1950年代から90年代の僅か40年にすぎません。
そしてこの時期は日本の黄金時代とほぼ一致しています。

だからと言って、在りし日のノスタルジーを懐かしむのはもうナンセンスであることも事実です。

今は丁度時代の端境期です。
新しい働き方のスタンダードがまだ見えない若者の不安が、こうした統計になって現れていると言えるでしょうね。
年功賃金を好む人はもともと多いことは行動経済学の研究でも知られています。賃金が上がっていくこと自体がうれしい、無駄遣いをなくせる、自分の評価が上がっていくことを認識できるなど。年功賃金が嫌われるのは、会社のものの将来に不安があるとき、会社が約束していた年功賃金を反故にする可能性があるとき、会社が自分を解雇する可能性があるときです。そういう意味では景気の回復が背景にあるのでしょうね。
終身雇用と年功賃金に期待し高齢者に退いてもらいたい20代。なかなか自身の欲求に素直な回答(((・・;)。

政府もそうだが希望希望と心地がよい言葉がはびこり現実を直視しないのが今の世の中か。ポジティブ歓迎、安定志向上等。だけどそれを成し遂げる覚悟と行動が個々に必要。シニアも若者もモンスター化しないことを祈る。
マクロ的には「終身雇用」や「年功賃金」が、労働市場の流動化や女性・シニア・外国人の活躍を阻み、労働生産性の足を引っ張っているのですが。ある意味、労働市場における合成の誤謬といったところでしょうか。
今の若い世代には、起業を目指す、海外に出るらなどガツガツやりたいという人もいますが、一方で、海外にも興味ない、そこそこ安定していればそれでいい(それ「が」いい)という人も多くて、二極化しているように見受けられます。後者であれば、年功賃金支持は当然でしょう。
この調査から浮かび上がるのは、
「人口シェアの大きい高齢者たちには退場願いたい。自分たちの年功賃金上昇を妨げているから」というように読めてしまいました。当たらずとも遠からず。