新着Pick
387Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
私が研究者を辞めるきっかけになったのが、後輩の就活の面倒をみていてエントリーシートの模範例を書いてあげて、もったいないからついでに私の分も出してもらったら、それがドリームインキュベータのインターンシップのエントリーシートでした。後輩は落ちてしまい、京大からはわずか2人だけの参加。それも2人とも理学部のドクターという。

東京に目当ての女の子(婚約者持ち)がいた私は、交通費がもらえるならと、略奪ついでにインターンに参加してみることに。

そこで初めてコンサル業界の人たち、またはそこを目指すが学生さんたちと出会い、世間からの情報を遮断していた私にとってとても貴重な経験となりました。老子思想でグループワーキングを仕切って、なかなかのビジネスアイデアをアウトプットできたことは、良い思い出で、グループのホームページを作り(堀さんの顔がアップで載っていた)、いまでもメンバーとは連絡をとっています。ゴールドマンサックス、ATカーニー、日銀、三井物産、JPモルガンと、皆さんそれぞれの道に進み、私は再び浮浪の民に。
【予告編 無料】ドリームインキュベータ会長の堀紘一さんの半生を毎日連続で全21話お届けします。読売新聞、三菱商事、BCGを経て55歳の時に起業。「最初からこのような道を計画していたわけではまったくない」と語る堀氏の人生をどうぞお楽しみください! 本日第1話を公開します。
「コンサルティング会社」を「起業」するというのは、かなり強烈な・エッジの効いた理念がないとできないことと思っています。

コンサルティング会社に所属するひとりひとりのコンサルタントは、言ってみればすでに一事業主として独立しているような存在です。また、個人コンサルタントとして本当に独立してお客さんを取れるのであればそうした方が稼げます。

つまり、コンサルティングとは「会社でやる」ということの意味が見出しにくい性質を持っています(人材育成・輩出というのが一番わかりやすい意味合いかもしれません)。そんな中で起業されたときの想いや、いまどういう方向に行きたいかの想いを知ることができたらとても嬉しいです。国内でBCG出身者が興したコンサルファームとして、DIさん、IGPIさん、CDIはそれぞれ強烈なので(笑)とても楽しみな連載です!
あはは、予告編読むと面白そうです。
ナベツネさんに脅され朝日でなく読売、、、京大でなく東大、、、etc。

卑怯と言われた中小企業の社長にどう言い返したのか、
日本人に欠けている能力
など気になる。

またぶっ飛んだ系の経験満載な気がするので楽しい読み物の前提にしつつ、
時にヒントをつかもうと思います。
これまた強烈な連載になりそうですね。日本のコンサルティング業界を大前さんと共に切り開いて来た掘紘一さん。楽しみです。
ナベツネさんに脅されて読売新聞に入社するくだりが面白く恐ろしい。「オワハラ」を超えています。
堀紘一さんの強烈な個性、エリートビジネスパーソンとしては破天荒な人生模様が伝わってくる予告編。BCG伝説の創業者とのエッジの効いたやりとり。中小企業社長の本質をつく発言。イギリスの小学校時代の身につまされる差別体験。まさにイノベーターズ・ライフを彷彿とさせる。
昭和日本の豪快さがわかるエピソードが満載。人生論としてもリーダー論としても興味をそそられます。堀さんの『リーダシップの本質』はおすすめです。
壮絶、波乱万丈な人生…時代背景の違いも強烈に感じる連載となりそう。
中小企業の経営者のくだり。とても興味あります。まさにそう思います。
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。
三菱商事株式会社(みつびししょうじ、英語: Mitsubishi Corporation)は、三菱グループの大手総合商社である。 ウィキペディア
時価総額
3.83 兆円

業績

株式会社ドリームインキュベータ(英語: Dream Incubator Inc.)は、東京都千代田区に本社を置き、コンサルティング並びに投資事業を行う。堀紘一が2000年(平成12年)に創立。 ウィキペディア
時価総額
156 億円

業績