新着Pick
606Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
18000がWiFiを使って、無理なく動画配信ができる設備って、相当ヘビーな感じがします。スタジアムは普通それぐらいの収容数を見込んでWiFiを入れてるのでしょうか。
人気 Picker
2020Tokyoはスマホがかなり重要な役割を果たすでしょう。試合や選手のデータが手元に届けられたり、自分のスキなアングルで観戦したり。4K8Kのパブリックビューイングの前で、みんなでスマホから応援メッセージを送ってシェアして騒いだり。VR観戦も楽しみな領域です。

映像配信高度化機構でもそうした新技術を整備していきたい。超人スポーツ協会でも新しい観戦法を開拓していきたい。スポーツ観戦の分野、とても熱くなります。
観戦に行くと、テレビで見るときのリプレイとかナレーションとか無くなってしまうので、臨場感に加えて、こういった付加的な情報量があると良いですね。
米国のNBAで導入されているように、公式試合を行うサッカースタジアムに専用カメラを導入し、各選手ごとの、シュート数および成功率、アシスト数および成功率、ドリブル保持時間、等の成績をリアルタイムに更新するようなシステムが導入されると、選手を見る目線が変わって面白いと思う(例えば、目立たないがいい仕事している選手にも陽が当たる)。

また、現在はルール上は出来ないが、将来的には、選手の心拍数等のバイタルデータを集めて、興奮度合いや疲れ具合等をセンシングすることも面白い。監督の差配にも影響するだろうし、観客にとっても興味を引く要素になると思います。

3Dデータから、選手目線になれる技術というのもありますね。東大の稲見先生のところとか。

選手の識別は顔認証だと向きが厳しいので、やはりなにかデバイスを持たせた方がいいかと。
スポーツ観戦は、現場での雰囲気など、その場でしか感じることのできない面白さはあるものの、詳細なプレーがわかりにくく、TV中継の方が見やすいというのが本音のところ。最新技術でその二つを一気に現場で体験できるようになれば、会場に足を運ぶ人も増えるかもしれない。
ゲームにしてもスポーツにしても、熱狂的なファンが新しい顧客を遠ざけるケースは多々あります。

そういった意味で、スマホはマスメディアと異なり自分中心設計ですから、そのどちらにも必要十分な情報が届けられる可能性が高い。

新興団体にとっては追い風となるでしょうね。
まずはスタジアムとかでのWiFi整備だな
Jリーグの放映権をめぐってパフォームが「黒船」として騒がれましたが、NTTと組んでの参入です。ネットワークが強くないとどんなコンテンツを撮影しようが、現地ではまったくつながらなくなってしまうので、強靭なネットワークは地味だがとても意義があると思います。
確実に変わるでしょう。ゲームと観客、ファンとの境目が重なりつつあるのでしょう。
大手スポーツ配信会社「DAZN」が日本に参入した様に、スポーツ観戦が大きく変わろうとしているのが実感します。楽しみ満載ですね。
『ライブイベントでスマホが大活躍する日。LTE-Broadcastを使った映像配信実験をプロ野球試合中に実施』
https://newspicks.com/news/1792143?ref=user_135124

LTEの電波を利用して動画を配信する方法もあります。
スポーツ観戦は大人数なので、遅延や回線速度の低下などの問題を解決しないと、利用しにくいものになってしまいます。
技術によって観戦方法はどんどん変わりますが、その中核がスポーツそのものとスタジアムでの観戦体験であることは変わりません。問題は、新たな観戦方法の提供によってファンを開拓し、そこで得られた資金をチーム強化とスタジアム観戦体験の向上に再投資する仕組みを作ること。この「部分」をより魅力的な「全体」の質向上に繋げていきましょう!