新着Pick
270Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
現地採用で、特別なスキルがなければ当然そうなります。赴任とは役割も責任も違うので、給与も異なるのは自然ですよね。
人気 Picker
グローバル化は不可避だし、グローバル化したら世界規模で賃金の平準化が進む。日本人だからって優遇されてる現状が変なだけでスキルない奴は低賃金当たり前やん。
バンコクのエクスチェンジセンターの写真・・・企業名を伏せる意味があまりないかも・・・

ローカルのような生活とか、タイの大卒初任給と同じとかありますが、タイのそれなりの大学を出たタイ人は、バンコクで働きそれなりに実績を出していれば30才ぐらいでマネージャーになれば、年収500万ぐらいまでいきます。

ローカルにも色々あるし、タイの有名大卒業の人は昇給のカーブがぜんぜん違いますよ。バンコク中心部ならローカルでも年収5、600万から1000万ぐらいの人はざらにいる。

なので、外資系企業はそれなりの給与やインセンティブを与えないと、タイ人の優秀な中間管理職は採用できません。日系の場合、なんでタイ人に日本人なみかそれ以上払うのかと本社から言われて、困っている駐在の方が結構いる。

ちなみに、バンコクだと、そろそろこの記事にあるコストでもきついのではないでしょうか。

長谷川さんご指摘のサシンスクールはすごい。ちなみに、タイには国際認証をうけたMBAが3つある(一つは近日スタートだったかも?)。日本は

新興国をみる上では、先進国的な部分(か先進国にもないパターン)もあることも忘れずに考察する必要があるでしょう。

追記:庶民的な金銭感覚は北畠さんのnoteでよく分かると思う。私もそのように感じています。出張すると30バーツの屋台とかよく使いますからね。タイは就業人口の4割弱が第一次産業。農産品は国産が多く、しかも美味しい。なので食品の物価は特に安い。

また、この記事に取り上げられいる人たちは自発的な意志で来ている。その幸福度とかは、外野からは分からない部分が多いのでは?英語が出来れば、海外での就職先は日系に限らず、非日系外資や現地企業(といっても、財閥系や金融機関などはかなりの給与水準の会社はあります)への選択肢が広がる(日本語とタイ語だけださほど選択肢増えず、英語必須)。ただし、当然競争も激しく精神的に疲弊もする。人の価値観次第。
以前とあるテレビ番組でタイなどのコールセンターで働く日本人の特集をやっていましたが、現地物価が安いので給与が安くてもそこそこ楽しい生活ができる、というスタンスで報道していました。
実際、そうした報道を見てタイに行った女性もいたようです。

今後物価はどんどん上がるのに日系企業で働く限り給与は上がらないので、5年後が心配と思ってみていましたが、もうその兆候が出ているということですね。
老後を新興国で過ごせばばら色、といわれたのに、インフレで想定外の事態になっているケースもありますし、特に若年層は20年後を考えて動きたいものです。
まさにここで働いていた友人が何人かいますが、割り切って働いているんだし、別にいいじゃんと思いますね。軟禁されているわけでもなく、いつでも帰国できるんだし。

SPAの購読者層は他者を不幸と思うことにより、自分の境遇を不幸じゃないと思いたいんでしょうね。編集部はわかって書いているんでしょう。

そして、この記事のインタビューにもあるとおり、長く働いてもキャリアが築けるわけではないので、ある程度の歳でタイに来て、気づいたら転職が難しくなっていたという罠には要注意ですね。
そもそもの大きな一歩を踏み出したのだから応援してあげればよい。コールセンターから始まったとしても、そこから言語などを学んでキャリアアップすればよい。そもそも海外はそういうキャリア文化である。
日刊SPA!をpick頂きありがとうございます。筆者のワダさんは、長年現地で働く傍ら、タイでの現状を寄稿してもらっております。

先週の男子ゴルフ・ダイヤモンドカップでは、タイの17歳コンワットマイ選手が3位に入りました。彼は学校の授業でゴルフを始めたそうです。みなさんがpickしているエリート教育は、スポーツなど他分野にも渡っています。
タイだけではなく、香港その他でも同様ではないでしょうか。そのことを認識しない日本の政治家も選挙民も鈍感なのでしょう。
ベトナムでは、現地採用は営業職・事務職であれば通常1200~2000USDの範囲から始まることが多いと思います。
一定の職種だと、日本人でも500USDというのも聞いたことはありますが、ホーチミンでは生活はかなり厳しくなります。
何も日本国内だけでなくタイでも貧困をばら撒かなくとも…。
こんなことでは日本で働きたいという優秀な外国人は早晩いなくなってしまうという危機感を持った方がよい。
お金ではない幸せを掴んでいるのであれば、それはそれで良いのではと感じてしまいます。