新着Pick
351Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
球界改革の旗手として名を馳せた千葉ロッテさん。
いわゆるボビー問題後、チームも動員も苦しんだ様子ですが、この2年は物凄い勢いで再び成長しています。

お話を伺って大変勉強になったことがたくさんありましたが、
紙幅(といってもネットですが)の関係で書ききれなかった事がいくつかありました。

例えば、
①TEAM26の顧客情報と10年間向き合い続けていること
②上記データの部署横断的活用を促す組織改編が近年行われていたこと
③組織改編の核が振興部の創設であり、これが事業本部に置かれていること
④振興部が事業本部内の組織横断プロジェクトの主担当であること
という4点です。

①は記事にも登場する原田さんがキーマンです。
仮説・実行・検証の各ポイントで必ずデータを活用し、全社的な戦略会議にもそれを落とし込んでいます。部長クラスがデータに明るいというのは大事なポイントですね。

②〜④を司る部署の責任者が記事に登場する高坂さんです。
そもそも通常はチームサイドに置かれることが多い「振興部」が事業本部に置かれる事によって、「地域貢献活動」と「事業」の融合が図られます。
「社会的に良い活動なんだから、売上や利益は二の次で良いよね」となりがちな活動に「それはダメ!両方を同時に目指すよ!!」という視点が加わるのが非常に重要だと思います。

この文化が組織改編によって社内に広まり、今では高坂さんがイベントに参加する選手にもデータを使ってその背景や狙いを説明するそうです。
(選手が納得して活動に参加するから「やらされている感」が無くなったと!)

こうした状況にスタジアムの指定管理権取得やチームの成績、スタジアム施設への投資が相まって今の状況となっている、というのが適切な解釈だと思います。

ファンクラブ重視という考え方には賛否あると思いますが、こうした市場環境での1つの方法としてお読みいただければと思います。
私はオリオンズ時代からのファンですが、他の方も書いているとおりファンの熱さではマリーンズはパリーグの中で随一といって良いと思います。

球団経営を見ても基本に忠実で、行政としても信頼をしています。瀬戸山さんの時代も様々な仕掛けをしていましたが、今の山室社長も積極的な仕掛けに取り組んでいて、それが成果として出ています。
どんな成績でも球場に足を運ぶ、揺るぎないファン層を獲得するため、子ども達・地域に密着していくことはホームタウンとしても最も望ましい取り組みと考えます。

さて、CSでは下剋上再現なるでしょうか。
やっぱあの12年前から変わりましたねー
なぜマリーンズファンはあんなに熱いのかとずっと思っていたが、単にファンたちの熱情に支えられるだけでなく、それを引き出す施策を球団が打っていたからだと腑に落ちた。プロ野球における、経営サイドの重要性がよく理解できる分析。球団とファンは相互関係にあるのが理想的。
今季観客動員数伸び率トップの千葉ロッテマリーンズ。市場環境が厳しい中で、コアファンを育てるために色々取り組まれています。高坂さん頑張れー!
エンターテイメントに置いて会員ビジネスの意義は大きい。固定収入があるのはもちろんですが、様々な施策の結果や満足度のフィードバックがえられるのも大きいでしょう。本文中で言う所の、
「手を打つべきポイント」ですね。
高坂さんの実現させた県とのコラボ企画は、クラブ、自治体、ファン、スポンサーのそれぞれにメリットがある秀逸なスキームだと思いました。
こういう取り組みがもっと増えると良いですね。
色々創意工夫の中、観客増に繋がっているのですね。
教育庁との取り組みも興味深いところですが、今頃って感じもありますね。ダメになってから色々と着手する。典型的なパターンですね。ところで、何度か書いてきていると思いますが、マーケティングとチーム作りをリンクさせているチームはないのでしょうか?
物をくれるから球場に行くというのは、限界があるように思います。
強いチーム、観たい選手、スリリングなゲーム。こんなものがプロ野球だと思いますが、、、
チーム作りは、未だ旧体制、旧指導のように受けて取れます。
マーケティングとチーム作りがリンクして名門チームを作るところを早く観たいところですね。
セ・リーグ頑張れー
いまや、実力、人気共にパ・リーグ
千葉ロッテのマーケティング戦略について。顧客データ分析→戦略→実行→成果まで一連のプロセスが見える化されており、マーケッター必読の記事!

①有料会員継続のためのインセンティブ付与
インセンティブ付与は、どこまでコストをかけるかが難しいですが、ユニフォームの無料配布数を2倍にする、ファン感謝デーの拡大などの思い切りの良さが成功のポイントだと思います。

②小学生へのリーチと体験価値向上のための行政連携プロジェクト
千葉県教育委員会をチャネルとして選定している点と、協賛企業にCSRの機会をつくり巻き込んでいる点がセンスを感じます。
この連載について
京都パーブルサンガ、福岡ソフトバンクホークスマーケティングなどでの勤務を経て、新潟経営大学でスポーツマネジメントを専門とする福田拓哉准教授が世界、日本のスポーツ組織を活性化させるビジネスの取り組みについて深堀していく。