新着Pick
608Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
Alexaの優れた可能性として、コンタクトセンターと呼ばれるものの一部がユーザ側に存在し、一時受けをできるようになる点があります。すると、買物だけでなく、メンテなども含めて客を強力に取り込めるようになります。
人気 Picker
Apple、Google、Amazonの覇権争いの行く手はどうなるか。ホームデバイスに求められる特性を考慮すると、服など嗜好性が強いものや目で評価をしないとならぬものとの相性は悪い。消耗品の購買という生活に密着が肝になると考えるとやはりAmazonのAlexaは強いという見方をしてます。コンビニなど日本の特有の環境から異次元の招かねざる参画を期待したいし、そうしたい。
「国内では「日本語」という特殊環境があるので、デバイスの開発時間などを含めて考えると、この流れに乗るEC、マーケットプレース事業者はもう動き出してるとみていいのではないでしょうか?
楽天、ヤフーを始め、ペパボやMakeshop、ZOZOにSTORES.jp、BASEにメルカリ、FRILとどこから音声コントローラー方面の動きが出てきてもおかしくない状況で誰が最初に手を挙げるのか」
うそん。。そんなのでそんな稼げるのか?そんなに音声コミュニケーションいい?
普段あまり使わないが、この記事をみて、「Hey, Siri」と話しかけてみた。
最後に「ありがとう」と語りかけたら、「お役に立つことこそ私の使命です」と答えてきた。
すごく低姿勢ですね。思わずメモりました。
Echoがハマるのは目で確認する必要なくかつ購入頻度が高いもの。その2つの意味でファッションECとはハマらないと思うんですけどね。
ちなみに個人的にはそもそもどんな場合でも音声認識ニーズはあんま無いです。Siriも遊びでしか使わないし、ちゃんと実用してるのは運転中ぐらい。
なので音声認識市場自体がどこまで広がるのか僕は懐疑的ですが、注目はし続けたいと思います。
サンフランシスコに住むロク重大な過ぎの知人が「Echoがあると、子供がいない夫婦生活にうるおいうが出てきた」と言っていました。

なるほど、そういう効果もあるんだ。
ここにSONYなどの名前が出てこないところが、一昔前には飛ぶ鳥落とす勢いであった日本のエレクトロニクス産業の現状を表しているようで、寂しいですね…
AWSはあっという間にアマゾンの収益源となった。人工知能もECで培ったノウハウの切り出しという点でAWSと似ている。アマゾンの巨人化はさらに進みそうだ。
音声入力で購入できるECサイトが3年以内には出てきそう。物理的なデバイス活用、お問い合わせフォーム入力といった概念がなくなるかもな。
音声操作は楽だしスゴイ魅力的なんですけど、嫌なのは「人の前で一人で話すこと」なんですよねぇ...
人前でイヤホン相手に話すのも、動画を撮るのも周りの目があって凄い恥ずかしい。

誰か「自分の声を周りに聞こえなくする」「特定のデバイスにしか声が聞こえない(録音できない)ようにする」っていう機械を作ってくれれば僕は大金をはたいてでも買います!
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。 ウィキペディア
時価総額
147 兆円

業績