新着Pick
326Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
渋沢栄一「論語と算盤」
渡辺和子著「置かれた場所で咲きなさい」
「ライ麦畑でつかまえて」

”本当に僕が感動するのはだね、全部読み終わったときに、それを書いた作者が親友で、電話をかけたいときにはいつでもかけられるようだったらいいな、と、そんな気持を起こさせるような本だ。”
岩波理化学辞典

何度開いても新しい驚きに満ちている。
【読書】1冊を挙げろと言われるならば、吉野源三郎の『君たちはどう生きるか』かな。難解な哲学書よりもはるかに色々なことを考えることのできる本なのでおすすめ。
僕は迷わず、The Lexus and the Olive Tree(邦題「レクサスとオリーブの木」)ですね。

「レクサス」に代表される技術革新の世界と、「オリーブの木」に代表される土着の文化が交わるポイントが今後の世界を造っていくという内容。見つかりそうで、なかなか見つからないそのポイントです...。

※追記
初版1999年、だからこそ深い一冊です。
「いき」の構造
日本独自の美意識について深く考えさせられる1冊です。
楳図かずお 「漂流教室」
『自助論』。
図解 問題解決入門(佐藤充一)